1級・全経上級受験の方

TACは受験経験者の方へのサポートを強化しています!
TACは受験経験者の方へのサポートを強化しています!

簿記1級で経営分析・戦略まで
立てられる!会計のエキスパートへ!

TACであれば「講師×教材×カリキュラム」の3アイテムにより、【独学より学習時間を短縮】+【実生活でも活かせる確かな知識】を身につけることができます。 学習のサポートはWebフォローや通信講座でのスクーリング(教室受講可能)、万が一、再チャレンジの際も「無料再受講割引制度」もあり、安心して学習ができます。

簿記検定1級・全経上級試験に合格するための
攻略のポイントをご紹介!

攻略ポイント

1級は70点以上で合格の相対評価。
苦手科目をつくらない!

商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4科目が出題されます。 合計得点が70点以上で合格となりますが、1科目でも10点未満の場合には合計点が70点以上あっても不合格となるため非常に厳しい試験です。そのため、バランスよく4科目を学習し、苦手科目を作らないようにすることが大切です。

攻略ポイント

日商簿記検定試験は変革の過渡期にあるため、最新の試験傾向をきちんと分析する必要あり!

日商簿記検定試験は、『実際の仕事に役立つ簿記の知識レベルを図る試験』へと今後、さらに変わっています。 独学の場合、過去の問題分析は時間をかけることで用を足すことができても、新傾向の分析はなかなかできません。 この対策が今後は特に必要になります。

これら合格ポイントを達成するため、TACは4つの合格メソッドを用意

POINT1

すべてが“プロ”TAC講師陣!

TAC講師は全員が「日商簿記1級合格者」。最新の試験傾向を分析した受験指導の“プロ”が解法テクニックまでしっかりとお教えします。テキスト+αの情報を提供し、みなさんを合格へと導きます。

TACの講師はどこがスゴイの?

全員が「日商簿記1級合格者」 すべてが“プロ”TAC講師陣

クラス担当制で
きめ細かいフォローができる!

同一クラスの講義は原則として同じ講師が担当します。これにより、学習上の疑問点や学習相談フォローなど、みなさんの学習を最後までサポートいたします。

講義の質が違う!

毎年受講生を対象にアンケートを実施し、結果を本人にフィードバックすることで、講義の改善さらなる質の向上につとめております。そのためどの校舎でもハイレベルな講義を受講することができます。

合格者からのひとこと

受講生の理解度を察知し、すぐに講義に反映!

お世話になったどの先生の講義も大変分かりやすく、質問・相談にも親切にご対応いただき、心から感謝しております。きめ細やかな受験指導に加え、実務的なお話等、いつも大変興味深く聞かせていただきました。先生のお話から勉強の意義について考えさせられることも多く、様々なヒントをいただけたように思います。(佐藤 紗代子さん)

受験生を最後まで気に掛けてくれる

先生の板書が非常に分かりやすく、今でも頭の中に残っています。一番印象に残っているのは、本試験前で答練の成績が伸び悩んでいた時に声を掛けてもらったことです。先生、ありがとうございました。(幸 英輝さん)

2

自分に合ったコースが見つかる!
豊富なコース設定!

学習期間に応じてコースを選べます。自分に合ったコースだからこそ継続でき、実力がつく!

TACのカリキュラムはどこがスゴイの?

自分に合ったコースが見つかる!豊富なコース設定!

自分のレベルに合ったコースで学習できるから学習継続、効果がでる!

学習期間に応じて、最長1年~最短5ヵ月間で学習できる初学者コースから、受験経験者を対象に、演習中心の「上級コース」、講義中心の「アドバンスコース」から選択できます。
学習時間や自分のレベルに合わせて学習できるので学習が継続しやすく、効果も上がりやすいのが特徴です。

解法テクニックを習得できる!

習得レベルの確認のために「ミニテスト」や「基礎演習」を実施し、アウトプットの練習をスタート。テキストの設例やトレーニングを解くことで徐々にテクニックを身につけて、受験経験者のコースでは、ハイレベルな「上級演習」で応用問題への対応力も養い、本試験前の「的中答練」でテクニックを完成形に仕上げていきます。

合格者からのひとこと

実力がついているという実感があった!

講義→上級演習→的中答練→総仕上げを段階を踏んで実力をつけていけるカリキュラムが良かったと思います。それぞれの段階でしっかりと復習・演習することで、確実に知識が身についているという実感がありました。(坂口 尚子さん)

答練は重要論点をすべて網羅!

答練は、試験に出題されそうな重要論点をすべて網羅しているので、学習上、非常に重宝していました。また、テキストも図やイラストを用いて解説しているので、分かりやすかったです。(大塚 舞さん)

3

分かりやすい!
合格教材で確かな実力養成

分かりやすさ、使いやすさを追求した教材で、確かな知識習得とアウトプットのテクニックを養成します。

TACの教材はどこがスゴイの?

イラストや図解で分かりやすさを追求した内容

教壇に立つ講師が教材を制作することで、より分かりやすさを追求できる

講義で使用しながら、受講生の反応みて毎回、改訂を加えることができるため、より分かりすい教材へと進化し続けています。

新試験傾向を反映して教材を改訂!最新情報が手に入る!

新しい傾向に合わせてテキストや答練など教材を改訂します。新傾向問題の場合、詳しい解説が必要な場合がありますが、TACでは講師陣が講義でしっかりフォローしていきます。

合格者からのひとこと

受講生目線の教材仕様で勉強しやすい

テキストの一連のつながりがあったので後で復習しやすかったのが良かったです。(池田 真紀子さん)

本試験より難しい問題を解くことで対応力UP

試験に対応できるように作成されたテキストの設例や例題が本試験で本当に役立ちました。本試験レベルより少し難易度の高いそれらの問題を繰り返し解くことで良い勉強ができたと思います。(橋本 卓哉さん)

4

豊富な学習メディアで
無理なく学習!

教室講座をはじめとした通学メディアのみならず、教室講座の収録をした通信メディアもご用意しています。ライフスタイルに合わせた学習メディアで無理なく、無駄なく学習できます。

TACの学習フォローはどこがスゴイの?

通学でTACで講義を受講しながらWebも視聴ができる!

Web・DLフォロー標準装備!
欠席や復習を効率的にフォロー!

通学メディアでTAC校舎に通いながら、Web通信でも合わせて講義をWeb視聴できます。
復習はもちろん、講義を欠席した場合でもフォローできて、スムーズに学習を進められます。

通信学習も「スクーリング」・「充実の質問制度」でしっかりフォロー

通信メディアで学習していて、不安になるのが疑問点がでてきたときの解消法。
TACなら。質問メール、電話、カードが揃っていますので安心。TAC校舎がお近くにあれば、答練を他の受講生と一緒に受けられるスクーリングもあります。

合格者からのひとこと

Webフォロー、DLフォローをフル活用して継続学習

Webフォローは、体調が悪かったり、どうしても予定があって講義に出席できない時にWebで講義が観れるので助かりました。(髙屋 安優美さん)

他のクラスに自由に振り替え出席できるから安心

「クラス振替出席フォロー」は仕事をしながら通学するには良いシステムだと思います。(森 英世さん)

この4つの合格メソッドを用いて、
ぜひ資格合格を目指そう!

TACでは、この合格メソッドにより毎年多くの合格者を輩出しています。
TACでは、「合格すること」を第一に考え、合格メソッドやカリキュラムを作成しています。ぜひ、ご活用ください。

TACオススメのコースはこちら!
ご自身のライフスタイルに合ったコースで学習スタート

簿記の魅力は?

  • ビジネス全般で 役立つ


    ビジネスのあらゆる場面で簿記の知識は必要となります。
    利益を追求する一般事業会社でももちろん、コスト管理をする場合でも、何かの企画をする場合でも収支をよく理解しておかなければ、業務を円滑に進められません。そこで、この簿記の知識が生きてきます。

  • 経済の流れを理解できる


    簿記では企業の経営成績や財務状態を示す「損益計算書」や「貸借対照表」などの財務諸表学習するため、経済新聞や経済誌の理解が深まります。

  • 他資格へのステップアップに 役立つ


    簿記は公認会計士や税理士といった他の会計資格を目指す上でベールとなる知識となるだけではなく、簿記の知識を活かせる知識が他にも多数あります。

簿記検定合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

簿記検定講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談