講師からの激励メッセージ

所得税法講師からのメッセージ

関東

  • syotoku_01.jpg

    所得税法(通信担当)

    あさが しげはる

    浅賀 重治 講師

    今年も本試験が近づいてきました。今年は日々の生活の中でも我慢しなければならないことが多く、学習へのモチベーションを保つことは難しかったと思います。そんな中、ここまでやってこられた皆さんは、すでに合格に手をかけている状態と言えます。
    ですが、油断は禁物です。試験直前のこの時期の集中力は、そのまま試験結果へと直結しますので、最後までしっかり集中して過ごしましょう。いつの年も合格するのは「最後まで努力し続けた人」です。皆さんも頑張ってください。

  • syotoku_02.jpg

    所得税法

    うちやま りゅういち

    内山 隆一 講師

    前向き思考でコロナを跳ね返せ!!
    今年の税理士試験ってあるのか?と不安に思ってしまっているあなたに朗報。税理士法第12条第2項には、「税理士試験は、毎年一回以上行う。」と規定されてるの知ってた?心配いらないから突き進もうぜ!大変な世の中だけど、動じずに、いつも前向きで、笑顔で目標に向かっていけるような人でいよう。ネガティブな奴にチャンスは回ってこない!弱気になるな!スーパーポジティブで逆境を跳ね返そうぜ!

  • syotoku_03.jpg

    所得税法

    すずき まさと

    鈴木 雅人 講師

    出来事をただの体験で終わらせず、経験として自分の糧にする。何か起きた際のアプローチは常に自分で考え実行し、その結果について自分のアプローチがどうだったかを検討する。検討してまた次の一手を考える。一つ一つを丁寧にこなしていけばその積み重ねで思いもよらない高みに辿り着けることがあります。一問、一問、一文字、一文字を丁寧に。基礎を怠らず、当たり前のことを当たり前にこなす。そして愚直に頑張る。
    想定外のことが起こりうる世の中ですが、常に自分を信じ、最善の手を打てれば怖いものはありません。残された時間、頑張って過ごしていきましょう!応援しています!

  • syotoku_04.jpg

    所得税法

    なかむら たかし

    中村 隆 講師

    受験生はどんな場合にも、ベストコンディションで試験当日を迎えることが一番重要なことであり、そのためには今、何をすべきかを考え、備えておくことが必要だと思います。
    最近は1日1日を税理士として何をし、また、人としてどう行動すべきなのかを考えながら仕事をし、生活しています。こんなことは今までありませんでした(新型コロナ)。世の中は今、皆さんのチカラを必要としています。ガンバレTAC受験生!合格に向かって!

  • syotoku_05.jpg

    所得税法(通信担当)

    のぶさわ なつみ

    信澤 奈津美 講師

    今、私が皆さんと同じ立場なら、私はどうしているだろうかと考えてみました。
    環境の変化を嘆いて、不安で勉強が進まない私もいるだろうし、それでも歯を食いしばって努力できる私もいるような気がします。どちらであるべきなのかはわかりますが、常に後者でいられる自信もありません。私は、合格祈願に、小さな招き猫を買ってきて、苦しい時は握りしめてパワーをもらっていました。そんな特別なアイテムを用意してもいいかもしれません。
    後ろ向きになってしまう時があっても、合格にこだわる気持ちを奮い立たせたいですね。

  • syotoku_06.jpg

    所得税法

    はかまた まさみ

    袴田 正美 講師

    今年は、新型コロナウィルスによる長期間の休校などがあり、不安や焦りで落ち着かないと思います。こんなときでもしっかりと目標を立てて勉強に集中することが大事です。
    暗記すべき理論は決して削らないでください。計算問題は細かな点まで気にしないで基本論点を落とさないようにしてください。
    税理士試験は、この時期の頑張り次第で合否が決まるといっても過言ではありません。悔いの無いように最後の踏ん張りをしてください。それと、体を壊してしまっては実力を発揮することができませんので、体調管理にも注意してください。

  • syotoku_07.jpg

    所得税法

    まえじま ゆういち

    前島 雄一 講師

    本試験までの残りの時間は、とても貴重な時間です。
    スマホが気になって、ちょっと触ってたら10分経ってたなんてことありませんか?その時間で問題が1題解けたかも、理論の柱1つ見直すことができたかもしれません。
    スキマ時間を有効に使って、理論は精度を高め、1題でも多く暗記する。計算は苦手としている論点を確認していきましょう。
    とにかく基本が大事なので、他の受験生が正解するところは、点数取れるようにしてください。
    体調にも気をつけてくださいね!皆さんの合格をお祈りしています。

  • syotoku_08.jpg

    所得税法

    わたなべ かずと

    渡辺 一人 講師

    所得税法の受講生の皆さん、学習は順調ですか?手を広げ過ぎず基本事項中心に仕上げていきましょう。合格できると信じ切ってやるのみです。
    今年は例年以上に大変な状況ではありますが、前向きに捉え、合格に向けた日々の学習を継続することが大切です。気持ちを切らさずに頑張りましょう。応援してます!

  • gekirei_watanabenoboru.png

    所得税法

    わたなべ のぼる

    渡辺 登 講師

    今年は過去に類を見ないほど異例な年です。
    このメッセージを書いている日現在では、先がどうなるかわかりません。全員が不安を抱えていると思います。
    無理を承知で言います。
    こういう時こそ、来るべき時に備え、普段通り学習を進めていきましょう。こういう時は、普段通り準備できた人が合格を勝ち取ることができると思います。
    もしかしたら、例年より長く学習することになるかもしれません。ですが、学習したことは実務に活きるはずです。この先、税理士として成功することを見据えて乗り越えていきましょう!

名古屋

  • syotoku_9.jpg

    所得税法

    うのう せいじ

    右納 誠司 講師

    不安な毎日が続いますが、今年で合格し、決着つけましょう。本試験は合格点を取ればいいので、取りこぼしのないように総仕上げをしましょう。
    ①もう一度テキストを読み返す
    ②よく間違えた論点の確認
    ③最近確認していなかった論点の見直し
    ④まだ押さえきれていない理論は最低限、簡潔に説明できるようにしましょう。
    アウトプットについては①答練の解き直し②苦手な出題形式の問題の解き直しをしましょう。まだ時間はあります。計算もたくさん解けます。理論も、まだ頭に詰め込めます。自分を信じて、本試験まで、頑張り通してください。思いは通じます。ファイト!

関西

  • syotoku_16.jpg

    所得税法

    いぬかい くみ

    犬飼 久美 講師

    令和2年は、新型コロナウイルス感染症の影響で様々なことが延期や中止になり、「失われた一年」という人もいるでしょう。けれど、皆さんは、このような不測の事態が起こる前から、税理士になるという目標を持ち、ここまで歩んできました。休校で予定通りの学習方法によることができなくても、今、自分でできる範囲で、しっかりと努力を重ねてきました。その前向きな努力は誰にも否定できません。皆さんの実力として培われています。そんな皆さんに運命は味方してくれます。自分を信じて。実りある一年にしましょう!

  • syotoku_12.jpg

    所得税法

    おか ともこ

    岡 朋子 講師

    試験前の胃がえぐられるような緊張感。そんな時支えになるのは、
    ①全力を尽くしてきたから大丈夫と思えるまで勉強し尽くすこと、
    ②絶対税理士になりたいという熱い想い、です。
    ①は、理論をあと何回転、計算テキストの見直しをあと何回転、という本試験当日までの予定を立てて、粛々とそれをこなしましょう。
    ②は、勉強の合間に「将来どんな税理士になりたいか?」を考えてみてください。きっと皆さん税理士を目指そうと思ったきっかけがあるはずです。最初の気持ちを思い出して、あと数週間走り抜けてください!

  • syotoku_13.jpg

    所得税法

    おかもと ひろゆき

    岡本 博之 講師

    税理士試験は、相手と対戦して勝ち(合格)を得るものではない。自分との戦いに勝って合格を得るものである。自分との戦いでは、メンタルの管理が重要である。 他人の行動は気にしない。自分がコントロ-ルできないことは気にしない。「今、実行できること(優先順位)を選別し実行する。仮に100%実行できなくても落胆せず、継続の努力(自分との戦い)をする。継続したこと自体が、現在における最高の準備と考える。」 継続は、好転(合格)となるべき、機会や偶然を引き寄せる。

  • boki_33-1.jpg

    所得税法

    しばぐち あきら

    芝口 晃 講師

    世界が動揺する中、自分の心が動揺するかしないかは 『信念』 の有無による。
    「今年何があっても合格したい!」という譲れぬ目標があるでしょうか?
    ここで一度立ち止まり、課題を抽出してみよう。
    その際、自分の実力を客観的に分析し、どこまでマスターすべきかを見極めよう。合格の可能性をより高めるために、自分には何が必要なのか?やるべきことが固まれば、あとは余念を交えず、ただひたすらに課題をこなすことである。
    あと1ヵ月半、まだまだ勝算を高められるはずだ。あなたの『信念』が試されている