受験プラン
科目の特徴をつかもう
全11科目で行われる税理士試験は、必須科目の会計科目と選択必須科目を含む税法科目があり、各科目の特徴や出題傾向によって学習範囲や対応策が異なります。また、学習にあたって簿記の基礎知識が必要な科目がありますので、知識がない方は学習期間をプラスして考える必要があります。
税理士試験の特徴
税理士試験の特徴は、科目選択制度科目合格制度があることです。
科目選択制度興味のある科目、得意な科目を選んで受験できる!
税理士試験全11科目から5科目を自由に選択することができます。必須科目もありますが、かなり選択の幅があります。(下記、試験科目参照)
科目合格制度自分の受験環境に合わせて年間の学習量が調整できる!
一度に5科目すべてに合格する必要がなく、1科目ずつ受験することができる制度です。なお、一度合格した科目は生涯有効です。
税理士試験の特徴
税理士業界に就職・転職!経験を積みながら合格を目指す! 税理士試験終了後には就職説明会を開催!
税理士業界への就職・転職は科目合格の段階でも十分チャンスがあります。大手税理士法人を希望される方は、法人税法や消費税法など実務上重要な税法科目を合格していると採用の可能性が高まります。 大学4年の夏の税理士試験終了後に税理士業界の就職活動が行われます。
大学の授業が忙しく、1年目に3科目の学習時間を確保することが難しい場合は、在学中に科目合格、それを就職活動に活かして、働きながら継続して学習することもできます。
試験科目
試験科目は、下記の全11科目。そのうち必須科目である簿記論と財務諸表論の2科目、選択必須科目である法人税法と所得税法のどちらか1科目を含めた税法科目を3科目、合計5科目に合格すると、税理士試験の合格となります。
試験科目
要チェック■試験科目について
各科目には下記のように、学習にあたって簿記や前提となる基礎知識が必要な科目があります。
日商簿記3級の知識が必要な科目簿記・財表・所得・消費・事業
簿記の知識が必要のない科目相続・酒税・固定・国徴
簿記論・財務諸表論の知識が必要な科目法人
所得税法の知識が必要な科目住民
■科目別の学習時間のめやす
標準学習時間★学習時間には、TACでの講義時間(9月入学で約半分、1月入学で約1/3の時間)を含みますが、理論暗記に要する時間は個人差があるため含めておりません。(あくまで目安としてお考えください。)
資料請求
講座説明会/受講相談
税理士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから