税理士 合格体験記

家庭と両立して合格
宮川 大介さん 講師の分かりやすい説明があってこその合格!
宮川 大介さん
合格科目:簿記・財表・法人・所得・消費
●税理士を目指したきっかけ
 元々勤務していたIT企業(大企業)の経営状態が悪く、自分ならどう経営するだろうかと経営に興味を持ったことがきっかけです。
 その後、足を骨折し入院する時期があり自分の進路についてゆっくり考える時間があり、これからは資格を持って仕事をする時代だと感じ、興味のあった経営に最も近い位置で専門的な仕事ができる税理士を目指し税理士法人に転職⇒勉強を開始しました。

●TACで受講してよかった点【講師】
 TACの講師の方の説明はとても分かりやすく、スッと理解できました。説明にもメリハリが効いていたため、どこを重点的に学習すれば良いのか、また、年度別の重点項目や学習の進め方等、講義を聴いていて吸収する部分が多くありました。仕事と勉強との両立でしたが、TACの講師の方の説明でなければ合格まで至る学習が進まなかったと感じています。

●TACで受講してよかった点【教材】
 TACの教材は常により良い方向へ改定されており、学習を進める上でとても見やすく、使いやすく、また、一つ一つの教材の量が多すぎず少なすぎずという最適のテキストでした。それぞれのテキストとの親和性も高く、検索性も容易であり、税法の学習において片方の学習に寄りがちな計算と理論を相乗効果的に学習する上でもとても重宝しました。

●TACで受講してよかった点【フォロー制度】
 税理士法人に勤務しながら学習を進めていたこともあり、事務所の繁忙期などは学校へ行けないことが多かったですが、Webフォローが快適に利用できるため学習が遅れることはありませんでした。また、平日で出られなかった講義を土日で受けたり、直前期のテストを曜日によって違う場所で受けることができたりと合格に向けたフォロー体制はとても充実していました。

●仕事・育児との両立について
 財務諸表論での初めての理論学習では、丸暗記テストとは異なる理解・暗記⇒記述という形式に苦戦し、自分なりの覚え方を確立するのに時間がかかりました。仕事や育児との両立がある中で、受験専念のライバルと渡り合わないといけないため、仕事の疑問点と勉強を結び付けてその場で理解し覚えることを意識しました。理論を書く・聴く時間がもったいないため、早口でしゃべりながら覚えるなど密度の高い学習を心がけました。

●受講生へのメッセージ
 1年は学習している間は長いですが、終わってしまえばあっという間で翌年の勉強もすぐにスタートします。メリハリをつけ、学習を習慣化したもの勝ちの試験であり、諦めなければ合格できる試験だと思います。常に10人で競争して1等になる心構えで臨んで頑張ってください!
前のページへ 一覧へ