税理士 合格体験記
科目合格の段階で税理士業界に転職・他業種からの転身!
坂上 茂さん テキストを理解すれば、本試験に対応できる!
坂上 茂さん
合格科目:簿記・財表・法人・相続・消費
●税理士を目指したきっかけ
 社会人として1年が過ぎようとしていた頃、会社という全体像が見えず、ただ夜遅くまで仕事をしている生活に疑問を感じ、自分に合う仕事、資格がないかを探しました。そんな中税理士という資格に出会い、自分の過去の出来事を踏まえ、税金で悩んでいる人の力になりたいまた、ただ会社の一員として日々を働くだけでない生き方をするために税理士を目指しました。

●TACで受講してよかった点【教材】
 教材は大変見やすく、自分はノート等をまったくとらず本当に必要な最小限のことを教材に書きこんで勉強していました。テキストに書いてあることをしっかり学習しておけば、本試験にも十分対応できますし、いろんな参考書に手を出していくと、消化できずに結局は不十分な能力のまま本試験に挑むことになると思います。

●TACで受講してよかった点【カリキュラム】
 「上級コース」では答練の回数が多く、まったくわからないような問題も出題されましたが、数で試験に慣れることができました。分からないような問題は本試験では絶対出てくるので、その時の対応力が養われました。12月の結果が分かってから次の年の勉強を始めていたので、1月から開講される「上級コース」には大変お世話になりました。

●TACで受講してよかった点【フォロー制度】
 通信で受講している科目が多く、講師の方に直接お会いすることがなかったので、質問メール、質問電話を利用していました。といっても、ほとんどの内容は、講義及びテキストで理解することが可能となっているので、質問させていただくのは、直前期だけでした。質問した際には、丁寧に答えていただきました。

●受講生へのメッセージ
 税理士試験は長丁場になってしまうことが多く、途中で諦めてしまう方も多いと聞きます。途中で諦めて他の道を探すのも一つの選択肢だと思いますが、1度自分が税理士なると勉強を始めたのであれば、税理士試験が大変だから、しんどいからという理由で諦めないで下さい。
前のページへ 一覧へ 次のページへ
資格の学校TACのご案内
開講講座