宅地建物取引士 Q&A

Q最終的には不動産鑑定士の受験を予定していますが、その前に宅建士試験の勉強はしておいた方が良いのでしょうか?
Q5科目ある不動産鑑定士の試験科目の中で、行政法規の5割、民法の一部はすでに宅建士試験の勉強で修了していると言われています。2006年から不動産鑑定士試験は現試験制度となり、短答式試験と論文式試験の二つに試験が分かれます。短答式試験では宅建士の知識をもっとも活かすことができる「行政法規」と「鑑定理論」が試験科目となっています。短答式試験に合格すれば、合格した年を含めて3年間論文式試験を受験できます。まず短答式試験合格を目指してください。その際には宅建士で勉強した知識が役に立つはずです。宅建士の勉強を無駄にせず、さらなるグレードアップをめざしてください。
資格の学校TACのご案内