法律 関係

マイナンバー実務検定/マイナンバー保護士

マイナンバー制度と法令の理解の定着度を評価するマイナンバー実務検定。その上位資格としてマイナンバー保護士認定試験があり、組織的な安全管理措置等を構築する専門家として注目されている資格です。

新着情報

解答速報
マイナンバー実務検定・マイナンバー保護士・個人情報保護士の解答速報は、試験団体の『全日本情報学習振興協会』様HPに掲載されております。掲載期間は未定ですので、お早めにご確認ください。
直近の試験模範解答は、全情共HPの全情共Bizクオリファイド会BQM NEWSをご覧ください。

マイナンバー実務検定・マイナンバー保護士の魅力は?

  • マイナンバー制度の
    知識
    を習得できる

    マイナンバー制度は大変有効なものですが、不適切に利用されるとプライバシーを侵害されるような場面が起きることも考えられます。
    この制度の知識を養うことで、マイナンバーを適切に扱い、様々なリスクから自己のプライバシーを護ることができます。

  • 研修会の講師として
    活躍できる

    マイナンバーは団体や企業にとって、絶対に保護しなければならない特定個人情報です。万が一にも漏洩や悪用を許さないために講習は常に必要です。
    検定試験に合格された方は、マイナンバーの研修講師として活躍することもできます。

  • 企業でも評価される

    今後必ず必要とされるマイナンバー制度ですが、現在は、理解している人材がまだまだ不足しています。マイナンバーの知識を確実に身に付けることで、有能な人材であることの証明となり、社内業務における優位性をアピールすることができます。

TAC マイナンバー講座の特徴!

  • Point1

    TACは、試験主催団体の認定教育機関です!

    学校選びの際は、安心してTACをお選びください。講義では、公式テキスト・公式問題集を使用しますので、学習内容が本試験に直結します。

  • Point2

    行政書士講座の講師が担当します!

    TAC行政書士講座講座で講義を担当し、実務でも行政書士として活躍している講師が担当します。個人情報保護士の資格も保有しており、マイナンバーについても詳しく解説していきます。

  • Point3

    学習を進めやすい、1ユニット約10分の講義!

    講座で解説するテーマをそれぞれ約10分の講義にまとめています。短い時間で完結するので、通勤などの隙間時間を使って学習を進めることができます。

マイナンバー実務検定VSマイナンバー保護士

マイナンバー実務検定の1・2級は、いわゆる「マイナンバー法」及び「ガイドライン」に関する高い知識、そしてマイナンバー制度におけるマイナンバーの取扱実務の知識を求めています。

これに対し、マイナンバー保護士は、法・制度に精通することはもとより、実務に於いて、厳正に業務が遂行され、法を逸脱した行為が行われないように、担当者を指導する業務となります。

同時に、マイナンバー保護士は従業員等から取得したマイナンバーの保管にあたって、マイナンバーの記載文書を金庫に入れるなどの「物理的セキュリティ」、不正アクセスや人的ミス等で漏洩しない「技術的セキュリティ」を施さなければなりません。

また「組織的安全管理措置」を強化して組織体制を整備すること、「人的安全管理措置」といわれる教育や担当者の指導も極めて重要です。

マイナンバー保護士認定試験ではこれらの安全管理措置業務が重要なテーマとなっています。

マイナンバー実務検定2級の試験内容とマイナンバー保護士の課題1(マイナンバー法の理解)の内容はほぼ共通のため、マイナンバー実務検定2級を学習および受験し、マイナンバー保護士で出題される課題2(マイナンバー制度の実務、安全管理措置)を学習することで効果的に資格が取得できます。また、マイナンバー実務検定2級合格者はマイナンバー保護士では加点される特典があります。

思い立ったら学習開始!
開講時期や学習スタイルに合わせて最適なコースが選択できます!

開講コース一覧

今始めるならこのコース

リニューアル!

マイナンバー実務検定


2019年9月試験~2020年6月試験 2級検定試験合格目指すコースです。

 行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律を理解し、
適正な取り扱いを理解するための知識を身につけ、マイナンバー実務検定2級合格を
目指す標準コース。

 マイナンバー実務検定2級合格者は、個人情報保護士認定試験の一部が免除のなる特典があります。

申込受付中

NEW!

マイナンバー実務検定2級過去問解説講座


TAC講師が過去の本試験を徹底解説!

①過去問を全問解説
②Web配信なので、24時間,好きな時間帯に自由に学習可能。
③試験傾向把握、最終確認に便利!

申込受付中

NEW!

マイナンバー保護士   過去問解説講座


TAC講師が過去の本試験を徹底解説!

①過去問を全問解説
②Web配信なので、24時間,好きな時間帯に自由に学習可能。
③試験傾向把握、最終確認に便利!

動画で見る!
講座説明会/セミナー/体験講義

マイナンバー実務検定について、動画でご紹介します!
マイナンバー実務検定の資格情報や合格するための学習法の紹介、また実際の講義を無料で配信しております。動画を見て、合格に一歩近づきましょう。

 

学習情報

CIA・CCSA 継続的専門能力開発制度(CPE)

CPEは、IIA認定資格保持者(CIA、CCSA等)がその称号を得た後も、常に専門職としてふさわしい能力・知識の開発を維持し、それらの称号を維持するに値すると証明することを目的としたIIA(内部監査人協会)の制度です。
TACでは、指定講座をご受講いただいた方にCPE用修了証明書を発行しています。

FP継続教育研修制度 対象講座

FPは、法令・制度等の改正や経済環境が日々変化する中で、顧客に対して常に最新のサービスが提供できるように、継続的に知識や技能の維持・向上に努める必要があります。こうした考えに基づいて、AFP認定者とCFP認定者には継続教育が義務づけられており、一定の単位を取得することで資格の更新をすることができます。

TACでは、マイナンバー実務検定と個人情報保護士講座が継続教育研修の対象講座となっておりますので、受講後、修了テストを提出していただくことで単位を認定し、証明書の発行をしています。

マイナンバー実務検定/マイナンバー保護士合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

受講相談

まずは「知る」ことから始めましょう!

お気軽にご参加ください!

受講相談

マイナンバー実務検定/マイナンバー保護士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談