短答科目マスター

  • 段階合格コース

    まずは短答式試験と論文式科目合格を目指す!

    短答科目マスターは、『短答式試験合格』、そして『短答式試験科目(財務会計論・管理会計論・監査論・企業法)の論文式科目合格』を目指すコースです。 『短答科目マスター』受講後は合格状況に合わせて次期受講コースを選択し(別途有料申込)、次年度の「総合合格(論文式全科目合格)」を目指します。 短期合格ということを考えると、『本科生』コースがスタンダードですが、まとまった学習時間を取れない方や、複数年かけて段階的に公認会計士試験にチャレンジしていきたいという方にオススメするのが、『短答科目マスター』です。

    • 対応コース

      2年L本科生、2年S本科生、1.5年L本科生、1.5年S本科生、短期集中L本科生、短期集中本科生

    • 申込開始

      対応の各本科生コースに準じます

    • 教室講座

    • ビデオブース(個別DVD)講座

    • 教室+Web講座

    • ビデオブース(個別DVD)+Web講座

    • Web通信講座

    • DVD通信講座

    コースの特徴

    1

    学習時間を短答科目に集中投資!

    「短答科目マスター」は、各「本科生」のカリキュラムから、租税法・選択科目の学習を省いたコースです。短答式試験合格までは短答科目に特化!2科目分の学習負担が減ったカリキュラムで効率的に学習できます!

    2

    日々の学習負担の軽減で、より仕事や学校と両立しやすい!

    総合合格までの期間をより長く設定することで、合格までの必要学習量を分散させ、日々の学習負担を軽減することができます。

    3

    短答式試験の合格後は短答科目の論文対策に集中!

    短答式試験突破後は、翌年度の論文式試験の学習負担を軽減させるため、短答科目(会計学・監査論・企業法)の論文科目合格を目指します。科目合格することができれば、翌年の総合合格へ向けて大きなアドバンテージとなります。

    4

    論文式試験後は、翌年の総合合格に向けて合格状況に応じた最適なコースを選べる!〈別途有料申込〉

    ※論文式試験で科目合格された場合、受講料の免除割引制度をご利用いただけます。
    ※短答式試験に合格されなかった場合、再度短答式試験の合格を目指すコースもございます。

    こんな方にオススメのコースです!

    • 長期プランで受験を検討されている社会人の方
    • まずは短答式試験の突破を目指そうとお考えの方

    カリキュラム

    • 入門・基礎マスター講義

      約130回

    • 上級講義

      約75回

    • 論文答練

      約50回

    • 全国公開模試

      短答1~2回・論文2回

    選択する本科生コースによって講義回数は変動します。

    短答科目マスター受講後の「別途有料申込コース」につきましては、目標年度に対応した「上級コースパンフレット」をご覧ください。

    簿記レベルについて

    あなたの学習状況に応じて、開始レベルを選べます!

    TACでは学習開始時における簿記・会計の知識レベルに応じて開始レベルを選択できます。 あなたに最適な時期に、必要なカリキュラムから始められるので安心です。 簿記の開始レベルでお迷いの方は、下記の「簿記レベル 確認テスト」をご利用ください。

    簿記レベル一覧

    Aレベル:簿記・会計初学者の方

    『財務会計論-入門Ⅰ』から学習開始

    Bレベル:日商簿記検定3級合格レベルの知識のある方

    『財務会計論-入門II』から学習開始
    (『財務会計論-入門Ⅰ』講義を省略)

    Cレベル:日商簿記検定2級・1級合格レベルの知識のある方

    『財務会計論-基礎マスターⅠ』から学習開始
    (『財務会計論-入門Ⅰ・Ⅱ』および『管理会計論-入門』講義を省略)

    Dレベル:日商簿記検定1級合格者

    『財務会計論-基礎マスターⅠ』から学習開始
    (『財務会計論-入門Ⅰ・Ⅱ』および『管理会計論-入門』講義を省略)

    Dレベルの方はお申込み時に日商簿記検定1級の合格証書の提示(郵送申込の場合は写しの送付)が必要となります。

    簿記レベル確認テスト

    簿記の開始レベルでお迷いの方のために、確認テストをご用意しました。

    フォロー制度

    開講日・講義日程

    通信講座
    • Web通信

      対応する各本科生の日程に準じて配信

    • DVD通信

      対応する各本科生の日程に準じて発送

    通学講座
    • 教室

      対応する各本科生の日程に準じて開講

    • ビデオブース

      対応する各本科生の日程に準じて開講

    >開講日・講義日程・通信発送スケジュール等は、上記の日程表ページにて、対応する各本科生コースの日程表をご確認ください。

    受講料一覧

    コース名 学習メディア
    教室(ビデオブース)講座
    ・Web通信講座
    教室(ビデオブース)+Web講座
    ・DVD通信講座
    2020年論文合格目標
    1.5年S本科生
    ¥568,000 ¥637,000
    2020年論文合格目標
    短期集中L本科生
    ¥558,000 ¥627,000
    2020年論文合格目標
    短期集中本科生
    ¥558,000 ¥627,000
    2021年論文合格目標
    2年L本科生
    ¥618,000 ¥667,000
    2021年論文合格目標
    2年S本科生
    ¥608,000 ¥657,000

    短答科目マスターお申込みに関する注意事項

    短答科目マスターをご受講の場合、総合合格目標年度は次年度となります。

    次年度に受講するコース(受験経験者向けコース)は別途有料申込みとなります。受講料は合格状況等によって異なりますが、およそ40~45万円となります。

    上記受講料はAレベルの受講料です。別途B・C・Dレベルの受講料設定もございます。詳細はパンフレットをご請求ください。

    大学生協にてお申込みの際は、5%割引にてお申込みいただけます。

    ご希望の方にはTAC教育ローンがご利用いただけます。詳細は、TAC各校までお問い合わせください。

    0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%税込)が必要です。
    会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

    上記受講料は教材費・消費税(8%)が含まれます。

    ビデオブース講座は個別DVD講座の新名称です。