資格概要

  • 個人情報保護士とは?

  • 試験情報

個人情報保護士は、個人情報保護に関する専門家を称する民間資格です。文部科学大臣許可法人である財団法人 全日本情報学習振興協会(全情協)が認定しております。企業で必須の知識として全国800社以上の優良企業の社員が受験しています。

資格取得のメリット

多くの企業で推奨されています

主な3つ取得メリット

(1)トピックである個人情報保護の専門知識を習得することができる!
(2)試験合格で“個人情報保護士”と名刺や履歴書に書ける!
(3)企業ニーズがある(全国800社以上の優良企業が社員に推奨※)!

※全国の優良企業の社員が団体で、個人情報保護士および企業情報管理士試験を受験しています。
【主な団体】 (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ 凸版印刷(株) NTTコミュニケーションズ(株) シャープドキュメントシステム(株) NTTコムウェア西日本(株) イオンクレジットサービス(株) シャープ(株) セコム(株) (株)フォーバル パナソニック(株) 東日本電信電話(株) キヤノンマーケティングジャパン(株) コニカミノルタビジネスソリューションズ(株) パナソニックSSエンジニアリング(株) 中部電力(株) (株)富士通エフサス AIU保険会社 NTTアドバンステクノロジ(株) ソフトバンクBB(株) ドコモサービス(株) パナソニックラーニングシステムズ(株) 旭化成アミダス(株) (株)CSKシステムマネジメント (株)トッパングラフィックコミュニケーションズ (株)角川デジックス 宝醤油(株) (株)JALUX ミドリ安全(株) ドコモエンジニアリング(株) 郵船トラベル(株) (株)読売インフォメーションサービス ジェイアール東日本ビルテック(株) (株)NTTデータSMS 理想科学工業(株) (株)日立ソリューションズ アクサ生命保険(株) (株)中電シーティーアイ 茨城日立情報サービス(株) 日本生命保険相互会社 (株)エヌ・ティ・ティ・エムイー (株)バッファローITソリューションズ (株)シー・ツー・エム ソフトバンクモバイル(株) (株)髙島屋 イオン保険サービス(株) NTT東日本各社 他

担当講師メッセージ 佐藤 リサ(さとう りさ)

行政書士 個人情報保護士 マイナンバー実務検定1級

個人情報に関するトラブルは、企業にとって大きなマイナスとなります。個人情報を適切に取り扱うことのできるスキルはビジネスパーソンにとって必須のものといえるでしょう。講義では、個人情報保護法の知識、マイナンバー法の知識、個人情報も含めた情報セキュリティ対策について学んでいきます。試験対策はもちろんのこと、個人情報の取扱いの現場ですぐに活かせる知識も身につけることができます。一緒にがんばっていきましょう。

佐藤 リサ講師

こんな方におすすめ!

◎人事・労務・総務部署に勤務され、個人情報を取扱う方 

◎就活でアピールしたい大学生

◎個人情報保護に関心がある方

◎マイナンバー実務検定の資格にもチャレンジしてみたいという方 

◎IIA認定資格(CIA・CCSA等)のCPE(継続的専門能力開発制度)単位取得を考えている方

個人情報保護士試験概要

受験要件

国籍・年齢等に制限はありません。

試験実施日(2019年6月~2020年3月)

9月、12月、3月、6月に実施されます。

2019年6月~2020年3月は、6/9(日)・9/8(日)・12/15(日)・3/8(日)に実施されます。

 

マイナンバー実務検定試験と同一日に実施されます。 

受験会場

(財)全日本情報学習振興協会が指定する全国の会場で実施されます。
詳細は、(財)全日本情報学習振興協会ホームページをご確認ください。

受講データ

  受験者数 合格者数 合格率
第42回(2016年3月) 4,902名 1,716名 35.0%
第43回(2016年6月) 4,250名 1,594名 37.5%
第44回(2016年9月) 4,064名 1,711名 42.1%
第45回(2016年12月) 4,910名 1,365名 27.8%

個人情報保護士認定試験

課題 出題内容
I.個人情報保護の総論
(50問)
個人情報保護法の理解
マイナンバー法の理解 ※※
II.個人情報保護の対策と情報セキュリティ
(50問)
脅威と対策
組織的・人的セキュリティ
オフィスセキュリティ
情報システムセキュリティ
制限時間 課題 I・II 合計150分(ただし、免除者は130分)
合格点 課題Ⅰ・Ⅱ各70%以上 ※※
検定料(税込) 10,800円

※マークシートによる筆記試験です。出題内容の詳細は、(財)全日本情報学習振興協会のホームページにてご確認ください。

※※マイナンバー実務検定2級以上の取得者は、課題Ⅰのマイナンバー法の理解(10問)が免除になります。
また、免除者の課題Ⅰの取扱いについては、課題1 40問、課題2 50問 各70%以上が合格の要件となります。

申込方法

(財)全日本情報学習振興協会で交付する受験申込書に所定の事項を記入しお申込みいただくか、ホームページ上の所定のフォームからお申込みください。

試験制度・申込方法に関するお問い合わせ

(財)全日本情報学習振興協会
TEL 03‐5276‐0030

合格発表

合否については、試験より約1ヵ月後に(財)全日本情報学習振興協会のホームページ上で発表されます。
(合格証書は、合格発表の1ヵ月後に交付されます)

個人情報保護士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

受講相談

まずは「知る」ことから始めましょう!

お気軽にご参加ください!

受講相談

個人情報保護士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談