サクセス180本科生

  • 2020年合格目標

    2020年2月~3月開講

効率的学習にトコトンこだわったコンパクト型合格コース!

サクセス180本科生は、学習論点を「180テーマ」に絞り、学習負担を極力減らしたカリキュラムです。しかもコンパクトでありながら、応用力まで身につくポイントを押さえた講義は、学習経験者だけでなく初学者にとってもおススメです。また、使用する教材はTAC・Wセミナーの「合格革命行政書士基本テキスト(早稲田経営出版刊)」になりますので、熟読することによりさらに深い学習も可能です。また、本試験型答案練習も5回分ついていますので、アウトプットも万全です。

  • 対象者

    受験経験者・独学者

  • 回数

    全33回

  • 教室講座

  • ビデオブース(個別DVD)講座

  • Web通信講座

  • DVD通信講座

このコースの特徴

1

行政書士試験の合格点180点をとにかく狙う!

行政書士試験は、一般的な他の試験と異なり、300点満点中「180点」を取ることができれば合格できます。つまり、試験合格のために高得点を狙う必要はありません。とにかく「180点」を取ることだけを考える、これが第1のコンセプトです。

ただし、科目による合格基準点を満たす必要があります。

2

試験の取り組み方を180度変える!

近年、行政書士試験の合格率は10%前後で推移しておりますが、年によって、試験科目の難度にバラツキが出ることは予想されます。そのように変化している試験に対応するため、「とにかく多くの条文を学びましょう」「司法書士試験など、もっと難しい資格試験の問題を解きましょう」という声を聞くことがあります。しかし、本当にそうする必要があるのでしょうか。行政書士試験に合格する=180点を取ることだけ考えた場合、実はそう多くの条文を網羅する必要はありません。頻出する条文とその周辺知識、そして過去問をマスターすれば、「合格点をとるだけの」実力を身につけることが可能です。このように、試験に対する取り組み方を「180度」変えることが、このコースの特長です。

3

学習論点を180テーマに絞り学習負担を極力減らす。

前述のように「頻出する条文」「その周辺知識」「過去問」だけを学ぶだけであれば、行政書士試験に合格するために学習すべきテーマを、わずか「180テーマ」=講義時間にして62.5時間(1回2.5時間×講義25回)にまとめることが可能です。このように学習論点を「180テーマ」に絞り、学習負担を極力減らせるのは、行政書士試験に精通した講師と、効率的・効果的にまとめられたテキストがあるTACだからこそ可能なことです。

こんな方にオススメのコースです!

  • 学習に割ける時間が多くないので、とにかく効率的な勉強をしたい方
  • 試験で重要なポイントだけを講義で押さえて、残りは自習したいという学習経験者の方
  • 今まで独学で学習してきたが、今いち試験のポイントが押さえ切れていないと感じる方

担当講師からのメッセージ

小池 昌三(こいけ しょうぞう) 講師
収録 (ビデオブース・各種通信講座)担当

サクセス180本科生は、再受験をお考えの方や、コンパクトに学習を進めたい方におススメの講座です。
行政書士試験は6割の得点で合格する試験ですから、試験範囲の全て学習する必要はありません。当講座では、合格に必須の180テーマを厳選して講義を行い、合格のためのベースとなる知識を確立します。その知識を過去問で固め、さらに直前期は本試験形式の5回の答練で応用力・実戦力を養い、今年の本試験合格を目指します。
ファーストステージ、セカンドステージの2段階構成になっています。試験科目を2回転しますので、ペースメーカーとしても最適です。皆様のご受講をお待ちしております!

平成30年度 合格者の喜びの声

  •  森 智史 さん
     サクセス180本科生
     ビデオブース講座

     一発合格

    仕事との両立をTACのコース・カリキュラムが可能にしてくれました。小池先生の「正確な知識」が大事との指導を信じて取捨選択できたのが効果的でした。

多くの合格者から[喜びの声]をいただきました!
「TAC合格祝賀パーティー」動画配信中!

カリキュラム

サクセス講義(1st・2nd)-1コマ150分 直前期答練-1コマ180分

公開模試の解説講義はインターネットにてWeb配信します。また、公開模試はビデオブース講座の方も登録校舎での教室受験となります。

最終答練は自己採点になります(答案提出の必要はありません)。

サポート制度

Webフォロー・音声DLフォロー 標準装備!

ご受講の同一コースの講義を、Web上でも受講できる「Webフォロー」「音声DLフォロー」により、いつでも・どこでも・何度でも講義を視聴することができます。パソコンやスマホ、タブレット端末でも利用できるので、復習はもちろん、欠席フォローやスキマ時間の学習にも有効活用できます! ★充実・安心の学習フォロー制度の詳細はこちら

一般教育訓練給付制度を通学メディアでご利用の場合、Webフォロー・音声DLフォローでの受講は出席として扱われませんのでご注意ください。詳細はTAC発行の「教育訓練給付制度パンフレット」をご確認ください。

開講日・開講校舎

  • 通信講座

  • 通学講座

Web通信講座

開講情報
  • 発送日・配信日

    2020年2/3(月)より順次教材発送開始
    2020年2/7(金)より順次講義配信開始

DVD通信講座

開講情報
  • 発送日

    2020年2/3(月)より順次教材発送開始

教室講座

2020年 2月・3月開講

渋谷校

2月開講

  • 平日昼

    2/4(火)14:00~

3月開講

  • 平日昼

    3/3(火)14:00~

八重洲校

2月開講

  • 土日

    2/15(土)13:30~

3月開講

  • 土日

    3/7(土)10:00~

京都校

2月開講

  • 土日

    2/16(日)10:30~

3月開講

  • 土日

    3/1(日)10:30~

なんば校

2月開講

  • 土日

    2/16(日)10:00~

3月開講

  • 土日

    3/1(日)10:00~

各クラスとも人数が教室定員に達した時点で、教室講座のお申込みは締め切らせていただく場合がございます。

お申込み人数の少ない地区・開講月は、開講を見合わせる場合がございます。予めご了承ください。

祝日や教室合流等の関係で、クラスの曜日と実際の講義実施日が異なる場合がございます。

諸事情により、一部曜日・時間が変則になる場合がございます。予めご了承ください。

開講日は無料体験入学OK!

上記開講日の講義は無料体験入学が可能です。是非お気軽にTACの講義を体感してみてください。

教室講義日程および講義視聴・講義配信・教材発送日程の詳細は、パンフレット・日程表をご請求いただき、ご確認ください。資料請求はこちら

ビデオブース講座

開講情報
  • 開講地区

    札幌校 / 仙台校 / 水道橋校 / 新宿校 / 池袋校 / 渋谷校 / 八重洲校 / 立川校 / 町田校 / 横浜校 / 大宮校 / 津田沼校 / 名古屋校 / 京都校 / 梅田校 / なんば校 / 神戸校 / 広島校 / 福岡校

  • 視聴開始日

  • 視聴時間帯

    (1)9:30~12:30 (2)12:30~15:30 (3)15:30~18:30 (4)18:30~21:30※
    ※日曜日は(4)の時間帯はありません。※受講可能な曜日・実施時間帯は、一部校舎により異なります。

2020年合格目標パンフレット&日程表<第2版>は11月中旬より発送します。資料請求はこちら

受講料・お申込み

(教材費・消費税10%込み)

  • 通信講座

  • 通学講座

インターネット、郵送、TAC受付窓口にてお申し込みいただけます。

申込方法の説明を見る

「受験生応援キャンペーン」実施中!

再受講割引・受験経験者割引・他資格合格者割引でお申込みの方は、さらにおトクに!
①改正民法条文チェック講座 受講料0円! ②受験生応援割キャンペーン第1弾 ③受験生応援キャッシュバック

0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・消費税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

受講料には、教材費・消費税10%が含まれています。