行政書士を取得するなら
TACオンライン

実績が証明する確かな合格力!

gyosei_mv_sp.png

gyosei_haruwari.png

合格者のメッセージ

たくさんの方から嬉しいご報告をいただいております!

gyosei_voice05.png

安藤 順子さん
ベーシック本科生受講

講師の熱く、ときには厳しい指導のおかげで合格できました。講師とTACを最後まで信じて良かったです。

gyosei_voice06.png

深江 友美さん
ベーシック本科生受講

短期間で効率よく学べて、一発合格できました。答練の数も多く、沢山の問題に触れることで知識量を増やすことができました。

gyosei_voice07.png

徐 云さん
ベーシック本科生受講

一発合格できました。TACは講義がとても良かったです。テキストも良かったです。

gyosei_voice08.png

德永 武道さん
ベーシック本科生受講

大学在学中に受験しました。行政書士試験は毎年傾向が変わり独学ですべてをカバーするのは難しいので、TACを受講して良かったです。

TACのオンライン通信はここがスゴい!

1

TACは教室講座を全国展開し、お客様との対面講義も重視。そこから得られる直接のお客様の声や反応をオンラインコンテンツ開発にも活かしています!

2

”オンライン”から”オフライン”まで。オンライン専門スクールにはマネできない、バリエーション豊かなサポート体制やリアルの自習室なども活用できるTAC独自の”フォロー制度”で初めて学習する方でも安心して学習を続けることができます!

3

わかりやすい講義はもちろん、本試験の出題傾向を徹底分析した上で毎年改訂される「オリジナル教材」を用いながら十分な問題演習量で合格を確実にします。

4

PCやスマホでの受講はもちろん”専用のスマホアプリ”でダウンロードしながら通信料を気にせず受講することができます!

boki_online_image.jpg

担当講師からのメッセージ

gyosei_kanda.jpg

行政書士で新しい扉を開けてみませんか?

行政書士試験は、11月第2日曜日に年に1回実施される法律系の国家資格試験です。試験では、民法や行政法など法律の基本科目からの出題が中心となっています。

これから学習を始める方には、TACのオンライン授業の利用が便利です。オンライン授業では、実際にTAC校舎で通学して勉強している方が受講している講義をそのまま収録したものを映像講義として提供されますので、自宅からスマホやパソコン等でTACの生講義と同じものを受講できます。

また、質問メール添削付きの演習もありますので、自宅で勉強していても、独りではなく、不安な点や間違っている点なども随時解消しながら進められます。

行政書士としての実務を行いたい、法律系資格の登竜門として法務関連の知識をつけたい、などチャレンジのきっかけは人それぞれですが、やってみようかなと思ったときが学習開始のベストタイミングです。

私たちTAC講師一同、皆様の合格へのお手伝いをいたしますので、ぜひ一緒にチャレンジしてみましょう。

神田 理生(かんだ あきらお)
TAC専任講師

体験講義を無料で公開中!

行政書士を初めて学習される方へ民法体験講義の前半部分です。まずはお試しください!
後半部分も視聴したい方はこちら[TAC行政書士講座YouTubeチャンネル]

ここが違う!!TAC行政書士講座の3つの強み。

  • 合格カリキュラム

    最新の試験傾向に対応!!

  • TAC講師陣

    TACの強みの要!!

  • 合格教材

    毎年改訂!法改正にも完全対応!!

「ベーシック本科生(全70回)」
最新の試験傾向を踏まえた講義進行とINPUT&OUTPUTの連携で実力がつきます!

講義と問題演習を繰り返し行うことで、短期間で合格に必要な知識を効率良く習得できるカリキュラムをご用意しました。

gyosei_basic_cul.png

ここがTAC!

  • 一貫した「INPUT+OUTPUT」のサイクルで、無理なく着実に実力が身につく!
    初学者の方もスムーズに問題を解く力と、より確実な知識が段階的に身につくように工夫をしています。
  • 「わかっていたつもり」を「確実な知識」へ
    本試験形式の答案練習により、時間配分を含めた実戦的なスキルが身につきます。
  • 多肢選択式・記述式問題も徹底的にカバー
    学習開始早期から多肢選択式・記述式の対策を行い、カリキュラムを進めていく中で自然と対応力が身につきます。
  • TACは教室講座を全国展開し、お客様との対面講義も重視。そこから得られる直接のお客様の声や反応を通信メディアのコンテンツ開発にも活かしています!

長年蓄積してきた確かな「合格ノウハウ」×「受験指導の経験」で合格まで導きます!

行政書士試験に合格するための戦略を持ち、適切なナビゲートをしていくことができるTAC自慢の講師陣です。テキストを読むだけでは分かりにくい内容も、今までの受験指導の経験確かな合格ノウハウをもって「わかりやすい」「興味を持てる」「楽しくなる」講義を行うことで、皆様を最短距離で合格まで導きます。

gyosei_kousi.png

ここがTAC!

  • 最新の法改正に関する情報はもちろん、行政書士試験の出題傾向を徹底的に分析・把握した上で、合格へ直結する洗練された講義を展開します。
  • 豊富な受験指導経験から、受験生がつまづきやすい分野を効果的に攻略します。
  • 今までのノウハウやスキルをもって、教材の開発、日々の講義、添削指導、質問対応など すべての業務に携わり、受験生を合格に導く、それがTACの強みの要、TAC講師です。

最新情報・網羅性・使いやすさを備えたTAC自慢のオリジナル教材(毎年改訂)

TACで使用している教材はTACオリジナルのものです。TACでは長年の受験指導のノウハウを活かして、最新の法改正はもちろん、年々変化する試験傾向も徹底分析した上で、毎年改訂し、教材に反映させています。 「最短距離で受講生を合格へ導く」、これがTACの教材作成の一貫したテーマです。

教材

教材の画像はイメージであり、デザイン・内容等変更の可能性がございますので、予めご了承ください。

【デジタル教材サービス】TACのテキストをスマホ・タブレットで簡単閲覧!

パソコン、スマホ、タブレットなどで「基本テキスト」を閲覧できます!
TAC行政書士講座では、受講生の皆さまへの新サービスとして「デジタル教材」のご提供を開始します。従来のテキスト教材に加え、デジタル教材ならではの利便性を組み合わせることで、効率的・効果的な学習を加速させます。 学習環境の向上に、ぜひお役立てください。

便利な機能のご紹介

1

検索機能

調べたいワードをすばやく検索できます。

検索結果の一覧から、瞬時に確認したいページに遷移できるので、重要キーワードを軸とした横断学習にも効果を発揮します。

また、ワードでの検索だけでなく、目次機能を実装しており、目次から瞬時に確認したい項目を開くこともできます。

2

アノテーション(注記・注釈)機能

しおりやマーカー機能に加え、メモ書きや矢印等の図形も書き込めます。

マーカー、図形の書き込み、しおりなどはブックマーク機能で一覧表示が可能となっており、一覧から瞬時に該当のページに遷移することもできます。

※iOS/Android版アプリとブラウザ版とではご利用いただける機能が異なります。また、機能の互換性もございません。

3

オフライン接続OK!

アプリ版では、一度ダウンロードした教材データであれば、オフライン接続でも閲覧できます。

電波の届かない場所や外出先でも、接続環境を気にせずにデジタル教材を活用することができます。

※アプリ及び教材データのダウンロードには、オンライン接続環境が必要です。
※オフライン接続の場合、アノテーション情報の共有はされません。

操作イメージ

TACデジタル教材のイメージ動画になります。
※TACデジタル教材はAccess社提供のPUBLUSLiteというアプリケーションを採用しております。

PUBLUS Lite 操作画面
白書出典:「平成29年版情報通信白書」(総務省)より作成

ここがTAC!

  • 最新の法改正はもちろん、最新の試験傾向も徹底分析した上で毎年改訂し、教材に反映させています。
  • TACオリジナルの教材ですので、TAC受講生だけが得られるメリットが多くあります。
  • 毎年、本試験ズバリ的中多数!

受講料・お申込み

(教材費・消費税10%込み)

春の早割キャンペーン
期間限定で大幅割引!

ベーシック本科生 Web通信講座

¥178,000 通常受講料:¥190,000

  • 申込締切日

    2021年5月17日

上記受講料には、教材費・消費税10%が含まれています。

0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・10%税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

「ベーシック本科生」教材一覧はこちら

ベーシック本科生
  • 基本テキスト(憲法・基礎法学、民法、行政法、商法、政治経済情報等、文章理解):計6冊 ※1
  • 過去問集(トレーニング:憲法・基礎法学、民法、行政法(上下)、商法、政治経済情報等、文章理解):計7冊
  • 発展問題集アドバンス:1冊
  • ミニテスト ※2
  • 科目別答練 問題・解答:全7回 [デジタル添削付き]
  • 総合答練 問題・解答:全2回 [デジタル添削付き]
  • 全国公開模試 問題・解答:全2回 [デジタル添削付き]
  • 最終答練 問題・解答:全1回 [自己採点]
  • 受講ガイド

※1:「基本テキスト」はデジタル教材サービス対象となります。
※2:ミニテストは講義録に添付しています。Web通信講座の方は、PDF形式のものをダウンロードしてご利用ください。

教材発送開始日・講義配信開始日

開講情報
  • 発送日・配信日

    2021年 4/2(金)より順次教材発送開始
    2021年 4/8(木)より順次講義配信開始

6~7ヵ月で合格を目指す場合のスケジュール

ここでは、実際に6~7ヵ月で行政書士試験に合格するためのモデルケースを紹介します。

1週間の学習スケジュール(週総学習時間:18時間)

  • 講義視聴時間

    10時間(2.5時間×4回)

  • 復習時間

    8時間(スキマ学習:2時間 復習/ミニテスト:6時間)

gyosei_schedule02.png

行政書士試験×オンラインのここがポイント!

  • 試験に合格するためには、講義受講のほかにしっかり復習することが重要!
  • TACの基本講義は講義時間が2.5時間。復習は同程度かそれ以上行うことで、総学習時間は500時間~700時間となる。
  • 動画は繰り返し視聴可能で、倍速機能を使ってピンポイントで復習したいところだけを高速で見直すこともできる。
  • 6~7ヵ月で合格する場合は、週18時間前後の学習時間が一つの目安となる。


⇒TACのオンラインなら週18時間前後の学習スケジュールで、生活スタイルをそれほど変えずに合格レベルまで達することが可能です!

毎年多くの的中実績!これぞTAC教材の精度の証明

TACは本試験の出題傾向を徹底的に分析して、答練・模試などの問題作成を行っています。その長年のノウハウにより蓄積されたデータと緻密な分析により、毎年多くの「本試験ズバリ的中」を出しています。

基礎法学

2019年合格目標 TAC教材 2019年度 行政書士本試験問題
科目別答練 憲法・基礎法学【問題21】肢4…〇

民事裁判または刑事裁判のいずれにおいても、上告審は法律審であるが、刑事裁判における上告審は、一定の場合には職権で事実認定の問題を判断することができる。
【的中!】 本試験問題 基礎法学【問題2】肢エ…〇

上告審の裁判は、原則として法律問題を審理するもの(法律審)とされるが、刑事訴訟において原審の裁判に重大な事実誤認等がある場合には、事実問題について審理することがある。

憲 法

2019年合格目標 TAC教材 2019年度 行政書士本試験問題
予想答練(現:最終答練)① 憲法【問題7】肢2…〇

自律的な法規範をもつ社会・団体にあっては、当該規範の実現を内部規律の問題として自治的措置に任せるべきものであるから、地方議会における出席停止の懲罰については、議員の除名処分の場合とは異なり、司法審査の対象にならない。
【的中!】 本試験問題 憲法【問題3】肢4…×

地方議会の自律権は、議院の自律権とは異なり法律上認められたものにすぎないので、裁判所は、除名に限らず、地方議会による議員への懲罰について広く審査を行うことができる。

民 法

2019年合格目標 TAC教材 2019年度 行政書士本試験問題
総合答練① 民法【問題27】肢2…×

代理権を有しない者が代理人として締結した契約について、その相手方は、本人に対し、相当な期間を定めて追認するかどうかを確答するよう催告することができるが、本人がその期間内に確答しない場合は、追認したものとみなされる。
【的中!】 本試験問題 民法【問題28】肢2…〇

無権代理行為につき、相手方が本人に対し、相当の期間を定めてその期間内に追認するかどうかを確答すべき旨の催告を行った場合において、本人が確答をしないときは、追認を拒絶したものとみなされる。

行政法

2019年合格目標 TAC教材 2019年度 行政書士本試験問題
全国公開模試 行政法【問題24】肢2…〇

監査委員の定数は、都道府県および政令で定める市には4人、その他の市および町村は2人とし、条例でその定数を増加することができる。
【的中!】 本試験問題 行政法【問題24】肢4…×

監査委員の定数は、条例により、法律上定められている数以上に増加させることはできない。

商 法

2019年合格目標 TAC教材 2019年度 行政書士本試験問題
ミニテスト 商法①【問題2】肢2…×

設立に際して出資される財産の価額またはその最低額は、定款に記載する必要はない。
【的中!】 本試験問題 商法【問題37】肢ア…〇

株式会社の定款には、設立に際して出資される財産の価額またはその最低額を記載または記録しなければならない。

一般知識

2019年合格目標 TAC教材 2019年度 行政書士本試験問題
総合答練① 政治経済情報等【問題53】肢5…〇

労働分配率とは、企業において生産された付加価値のうち、労働者が受け取る賃金・俸給といった人件費が占める割合のことをいい、人件費を付加価値で割ることによって算出される。
【的中!】 本試験問題 政治経済情報等【問題51】肢4…×

労働分配率とは、労働者間で所得がどのように分配されたのかを示した値であり、その値が高いほど、労働者間の所得格差が大きいことを示す。

表示されている教材は2019年合格目標のものです。

「予想答練」は2020年合格目標より「最終答練」に名称変更しております。

充実のフォロー制度

"オンライン"から"リアル"まで幅広くフォローします

gyosei_follow_01.jpg

アプリで講義ダウンロード可能!

アプリで動画のダウンロードができるので、自宅のWi-Fi環境で講義動画をダウンロードしておくと、電波のない環境でも動画を再生でき、速度制限を気にすることなく何時間でも再生できます。

boki_follow_01.jpg

質問メール

メールで簡単に質問ができます。オンライン学習で疑問点が生じてもスピーディーに解決できます。

gyosei_follow_02.png

i-support (マイページ)

TACのポータルサイト「TAC WEB SCHOOL」内の「i-support」では、添削結果や個人別成績表のほか、「教材」に関する情報や「講師からのメッセージ」「よくある質問」など、学習に役立つ情報をご覧いただけます。

gyosei_follow_02.png

デジタル添削

TACの答案添削は、単なる誤りの指摘だけではなく、解答を導く考え方や得点するための書き方など、ポイントをついた添削指導を行います。また、答案提出から返却までの時間短縮が実現するため、学習効率の向上も図れます。

boki_follow_01.jpg

スクーリング

教室で緊張感のある答練ができる!
直前期の教室講義を無料で受講できます。通学生と一緒に受講することで、モチベーションアップにつながります!

boki_follow_01.jpg

自習室

全国の校舎で利用可能!
講義で使用していない教室は自習室として開放しています。受講期間内であれば学習メディアを問わずご利用できます。

行政書士について知ろう!

  • 行政書士仕事って?

    gyosei_beginner_01.png
    行政書士の仕事は大きく分けて「書類作成業務」「許認可申請の代理」「相談業務」の3つに分類されます。
    コンサルティングから書類の作成、そして提出代理まで、その知識をフル活用し、クライアントをトータルサポートしていく。それが行政書士の仕事です。

  • 取得のメリット

    beginner_img_17.png
    行政書士という国家資格の取得は、就職・転職での大きなアピール材料となるだけでなく、独立開業ができることも魅力です。
    その他、出題科目の性質上、宅建士や司法書士など法律系資格のダブルライセンス取得にも最適です。

  • 行政書士試験のPOINT!

    gyosei_beginner_02.png
    1.年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験できる
    2.試験は全国47都道府県で年1回(11月)実施される
    3.(科目の基準点を満たせば)試験全体の得点が180点以上(6割)で合格できる絶対評価

Q&A

これまで法律をまったく勉強したことがないのですが講義についていけるか心配です。
ご安心ください。
TACの基本講義(基礎期の講義)では、初学者にも分かりやすいように解説しながら、 合格に必要な知識を時間をかけてしっかり習得していきます。また、重要論点については、直前期の答練・公開模試(応用期の答案練習)でも繰り返し学習し、 知識の定着を図ります。
TAC行政書士講座では、長年の指導ノウハウを生かして無理なく着実に合格レベルまで実力を上げることができるカリキュラムを豊富に揃えており、法律の学習が初めての方向けのコースもご用意しております。
どうぞ安心してTACで学習をスタートしてください!
行政書士試験に合格するためにはどのくらいの学習時間が必要ですか?
行政書士試験の合格に必要な学習時間は、個人差はあるものの一般的には受験指導校を利用した場合で500~700時間程度と言われています。
民法と行政法のボリュームが多く、この2科目は記述式の出題もされることから、知識の正確さが求められます。
半年~1年ぐらいの学習で資格を取得されることは十分可能ですが、ご自身がどれだけ学習に集中できる環境なのか、どの程度時間の確保ができるかにかかっています。
簡単な資格ではありませんが、気を緩めることなく学習を継続し、TACの教材でしっかり学習していけば合格は間違いなく見えてきます。
テキスト代は別途必要ですか?学校によっては必要なところがありますが…
TACの場合、コースの受講料に教材費用が含まれております。
六法は含まれておりませんが、テキストには条文や判例の掲載もありますので、問題なく学習を進められます。
学習を進めていただく中で、必要に応じて六法をご購入いただいても良いかと思います。
Web通信講座を申込み後、教材はまとめて一括で送られてくるのでしょうか?
TACの教材は、最新の法改正・試験傾向を反映して「毎年改訂」しておりますので、講義に合わせて順次制作を進めております。そのため、日程表などに記載されている「教材発送日程」に従っての送付となります。
通信講座の方は、この教材発送日程を“学習のペースメーカー”として、日々の学習計画を組まれると良いでしょう。
また、講義も同様に、Web通信講座の視聴開始日程に従って消化していくと学習のリズムを掴むことができます。
他の学校でよくありがちな「一気にまとめて教材が送られてきて、それっきり。どこから手を付けていいか分からない・・・」という心配もありません。

日程表はこちら

TACを利用して、
行政書士を取得しよう!
お問い合わせは以下からお気軽にどうぞ

  • 無料通話:0120-509-117 無料通話:0120-509-117
  • 0120-509-117

(受付時間) 平日・土・日・祝 10:00~17:00

(受付時間)

平日・土・日・祝

10:00~17:00