賃貸不動産経営管理士合格は独学でいけるの?!TACのメリットは?

賃貸不動産経営管理士(賃貸管理士)は、資格スクール・通信講座を利用しなくても合格できる?
できればお金をかけたくない?
でもそれで合格できなかったら本末転倒ですよね。
試験対策のプロの目線で本気の受験対策を考えます!

はじめに結論から

教員採用試験の勉強は独学と予備校どちらがいい?

あえて、しかも強く言います―資格スクール・講座利用が有利である、と。

令和2年度の賃貸不動産経営管理士受験申込者数は29,591人。平成27年度の5,118人から申込者数が約6倍に増えています。しかも、そのうち実際に受験をした受験者数は27,338人で92.4%の受験率!他の資格試験の例年の受験率を見てみると、宅建士が約80%、行政書士が76%、社労士が77%となっており、賃貸管理士の受験率が高いことが分かります。それだけ軽い気持ちで受験する人が少ないということですね。さらに、合格率は年々下がりつつあり、令和2年度の合格率は29.8%。平成27年度の54.6%からすると、年々合格率は下がってついに30%を切りました。

資格スクールとして講座を提供しているTACとしては、受験者・合格者のなかでどれくらいの人がスクールや通信講座を利用していたのかを知りたいところですが、上記のデータからそれを知ることはできません。

こうしたデータもない中で「独学と資格スクール利用、結局どっちが良いのか?」を伝えることは、恣意的な結論になりがちでありますが、
資格スクール・講座利用が有利である、とあえて、しかも強くお伝えします。

当記事は資格スクールサイドが執筆しているため、宣伝だと思われても仕方ありませんが、そう思った方にこそ、以下の3つの理由を読んでほしいと思います。知らなかったこと、甘くみていたこと、想像もしていなかったことがたくさんあるでしょう。

理由1.学習効率に格段の差!試験対策にそんなに時間をかけられますか?

独学と予備校では、学習効率に格段の差!試験対策にそんなに時間をかけられますか?

資格スクールを使うと学習効率が格段に上がる。つまり、学習上のムダを省くことができる。

賃貸不動産経営管理士の試験対策としては、試験実施団体がだしている学習用教材があります。
では、その厚い教材を全て網羅し理解し覚えるのにどれだけの時間がかかるのでしょうか

そんな時間はない、という人が圧倒的です。

たとえば、学習用教材には載ってはいるが出題頻度はきわめて低い、という分野(項目)があります。それを知るのと知らないのとでは、学習効率という点で大きな差が生じます。

資格スクールは、過去問分析を通じて、そうした分野(項目)をしっかりと把握しており、試験対策としてムダな分野(項目)を受講生に教えたりはしません。端的に言えば、“試験に出る・出そうなところ”しか扱わないのです。


また、やみくもにテキストを通読するよりも、組み合わせて理解したほうが早い項目もあります。そこを押さえているのも資格スクールです。

賃貸不動産経営管理士試験合格者の平均年齢は41才。受験者は大半が社会人と思われます。資格を取ろう!と思い立っても、仕事と勉強を両立させる必要があります。もしくはそこに「家庭」という要素も入ってくるかもしれません。そんない忙しい受験生にとってはいかに時間を有効に使うかが合否の分かれ目となることは間違いありません。限られた時間を有効に活用する方法があるなら、使いましょう!

試験対策は効率よく!資格スクールを使って賢く時短!

膨大な出題範囲を、得点の勘どころを掴まないままやるのは、時間と労力の浪費です。正確な過去問分析をもとに頻出事項を狙い撃ちにするのが賢い選択でしょう。特にTACでは、出題分野を5項目に整理し直したオリジナルテキストを使用して学習を進めていき、過去の出題から導き出した予想問題で答案練習を行います。独学とTAC、まずは比べてみてください。

理由2.自分であれこれしないでもいい!

教員採用試験は人物試験対策がとにかくやっかい!独学では厳しい

独学の受験生によくみられる失敗の要因

1 どの教材が良いかわからない!あれこれ手を出してしまう
2 参考書を買ってみたものの、いつの間にか放置気味・・・
3 理解できない項目で詰まってしまい学習がストップ

1については、まずはどの参考書を選べばよいのかわからず、そして購入してみたものの、それだけで足りるの?と心配になってしあれもこれもと手を出してしまう危険性もあります。

2は参考書を決めて購入して、「空いている時間に読もう」「明日は読もう」と思っていると、ついついスマホをみて結局時間がなくなってしまったり、「読んでいたけど飽きてしまった」「内容を理解するのに時間がかかった」からいつの間にか読まなくなってしまうこともあります。

3も独学ではよくある壁です。わかりやすく書いてある参考書でも、学習を進めていると「この言葉の意味は?」「この2つのケースの違いは?」「過去問の解説を読んでもわからない」と疑問がでてくるものです。今はスマホやPCなどですぐに情報を得られるため自分で解決できると思えますが、不確かな情報源から間違った知識を覚えてしまう可能性もあります。

失敗しないための試験対策

1 時期に応じた、最適な対策をする
2 挫折しない環境に身を置く
3 疑問点・不明点を放置しない

何かしらの資格勉強をしたことがある方は痛感していると思いますが、試験対策はライバルとの戦いの前に、自分との戦いです。また長い時間と膨大な労力が必要となります。

効率よく合格を目指すには、どのような知識が必要なのかを選別したインプットを行い、次にその知識が定着しているかを確認し、試験を解く練習を行う必要があります。資格スクールでは、それが一つのパッケージとして提供されるため、いつ、何をするべきかを自分で模索する必要がありません。ここで、自分で合格への道筋をつけなければならないという負担が消えます。

次に、資格スクールでは、講義スケジュールが決まっているため、合格までにやることが明確になっています。通学は講義日程、通信講座では講義配信日程を目安に受講することで、良い意味での強制力が働くので学習を継続しやすいと言えます。また、教室講座は足を運ぶ面倒さがありますが、教室で講師に会うというモチベーションや周りの雰囲気に触発されて学習が進むメリットも。

疑問点は講師に質問できるのが資格スクール利用のメリット。そのため、質問体制が整っているスクールを選ぶことが重要です。

自分との戦いに勝つため、受験のプロに任せるところは任せ、上手に利用して、合格へ最短の道を選びましょう。

資格スクール選びで失敗しないためには・・・学習を継続できる制度が整っているかが大切!

試験合格のためには、学習をいかに効率よくしかも継続できるかが合格のカギを握ることはお分かりいただけたことでしょう。もし資格スクールを使うならば、カリキュラム内容や質問制度などのフォロー制度がどのくらい充実しているかを判断の指標にすると、きっと良い結果に結びつくはずです。TACでは、経験豊かなプロの講師が講義をお届けし、疑問点は質問メールで解決できます。通学講座でも通信講座でも効率よく学習を継続できる体制が整っています。

理由3.費用を惜しんで、結局損をする?!

教員採用試験、独学だと100万円以上の損をする?!

転ばぬ先の杖。長い目でみて考えてください。

資格スクール利用のデメリットとして真っ先に思い浮かべるのは、やはりその費用でしょうか。

コースにもよりますが、賃貸管理士対策の費用相場は、TACだと3.5~9.8万、手頃なオンライン講座だと3万円くらいとなっています。参考書を買うだけなら数千円で済むかもしれません。

“そんなに費用がかかるのか”ということで、受講をためらう人もいますが、その気持ちはわからないでもありません。

しかし、考えてみてください費用を抑えて独学や手ごろなオンライン講座を選んだとして、もしうまくいかず残念な結果に終わってしまった場合学習に費やした時間や、資格を取得したことで将来得られる収入が泡となってしまうのです。

自分一人で勉強するよりも、合格のためのノウハウを持った資格スクールで学習する方が遥かに効率的です。あとは、サポート制度がどれだけ充実しているか合格するためのコンテンツをどれだけ利用することができるのか、を検討してください。合格にぐっと近づくことができるなら、受講料は必要な自己投資ではないでしょうか。

もしかして、TACって費用高い?どうぞ比べてみてください!

他の資格スクールであれば、教材費がコース料金と別だったり、動画を一括配信してあとは本人任せ、となっていたりしますが、TACの本科生コースには、必要なものすべてがパッケージされています。もちろん本試験に慣れるための問題練習や模擬試験もコースに含まれています。本試験まで追加受講料は一切かからないので安心です。さらに、各種割引制度で費用の面もサポートします!

まとめ

1

出題範囲が広く難化傾向のある試験。メリハリのない学習は危険!項目の取捨選択が重要です!

2

ライバルは自分!学習を継続できる環境を整えましょう。

3

合格への道筋がたてられないなら迷わず資格スクールへ!TACは転ばぬ先の杖!

賃貸不動産経営管理士合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会・受講相談

まずは「知る」ことから始めましょう!

お気軽にご参加ください!

受講相談

賃貸不動産経営管理士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談