証券アナリスト試験ガイド

証券アナリストの世界

証券アナリストとは

各種の証券(株式、国債、社債等)に投資する際の投資対象の調査・分析・評価、投資情報の提供、投資の推奨、パフォーマンスの評価(運用成績の評価)などを含めた多様な証券投資の意思決定のプロセスに専門的に関与するプロフェッションの総称を言います。

証券アナリストの代表的な仕事

セクターアナリスト

株式公開企業の現状を調査・分析し、その将来像と株価の先行きを予測するアナリストです。通常1人のアナリストが1つのセクター(業種)と、そこに属するいくつかの企業を担当しています。そこで、業界と企業の調査・分析・評価・予測を専門的に行い、投資理論、財務分析、経営者へのインタビューに基づき、株式などの投資価値の分析を提供しています。一般に証券会社や、運用会社の調査部門に所属しています。

クオンツアナリスト

株式、債券などに対する投資判断を、統計学などの定量的手法に基づき分析しているアナリストです。

ファンドマネジャー

ファンド別に定められた目的や運用方針にしたがって、ファンドにどの銘柄をどの程度組み入れるか、どの銘柄をどのタイミングで、そしてどの価格で売るか、買うかを決定しています。その後は、常にリスクとリターンの計測および、これらの体系的なコントロールを行い、(銘柄の組み替えやデリバティブを組み合わせる)、定期的な運用成果の評価をすることが業務となります。個別銘柄の選定・開発にあたって、直接自分で個別企業を訪問し、調査確認を行うこともあります。一般に投資信託などの運用会社に所属し、株式、債券などの対象資産によって、それぞれの担当が分かれています。

クレジットアナリスト

投資戦略を設計する立案者。経済の動きから産業・企業の動向、需要要因まで、様々な視点から投資環境を分析し、投資方針を提供しています。

IR

企業が株主や投資家に対し、投資判断に必要な情報を、適時、公平、継続して提供する活動をしています。

投資顧問

株式や債券などの有価証券に対する投資判断(有価証券の種類、銘柄、数、価格、売買時期等)について、報酬を得て専門的立場から投資家に助言を行います。証券系、生損保系、銀行系、外資系など、投資助言のみを行い、投資判断は投資家自身で行う「投資助言業務」と、投資判断と投資に必要な権限を投資家より委任されている「投資一任業務」に大別できます。

証券アナリストの需要は金融業界にとどまらない!

業種別会員数を見ると、金融業界に属する方が多数を占める一方で、事業会社・その他の割合が約30%を占めています。これは、金融スキルが幅広い分野で活かせることを物語っています。公益社団法人日本証券アナリスト協会の調べによると、事業会社のなかで、特に投資部門、IR部門、財務・経理部門に所属する方が増加傾向にあるとされています。

業種別個人会員数25,782名
こんな方におすすめ
資料請求
講座説明会/受講相談
証券アナリスト講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから