社員の横顔

美容業界からの転職 
今までの接客経験が活かせて、
お客様の「人生の節目」に関われる仕事
これがTACに入社を決めた理由です

神戸校

嵯峨 未来子

2014年入社 梅田校→神戸校スクール運営
以前は化粧品販売やエステティシャンの美容業界に携わっていた。現在はその接客経験を活かし、校舎窓口でお客様の「資格を取ろうかな」というスタート地点から、合格・就職、その先のキャリアまでを笑顔でサポートしている。

TACの魅力は何ですか?
一言で言うと「人」。異業種から転職をしたのですが、個々の経験や考えを尊重してもらえ、上司と先輩との垣根がない風通しのよい良い環境で働いているという実感があります。混雑時の窓口では分刻みのスケジュールで慌しいこともありますが、チームワークで助け合いながら楽しく働けていますよ。
TACに入社を決めた理由は?
接客経験が活かせる仕事、かつ人生の節目に関われる仕事だと思ったから。TACは、働くスタッフや講師、またお客様である受講生など志の高い人ばかりが集まる場所なので、私自身もモチベーション高く働けると思いましたね。
今はどんな仕事をしていますか?
校舎の窓口で、来校されたお客様への案内、相談、申し込み、受付業務を中心に行っています。それ以外にも、公認会計士講座など複数の講座の運営を担当していて、それぞれの講座説明会(ガイダンス)の実施、講義前の教材の準備や講師との調整、受講生への案内などを行っています。
仕事をする上で大切にしていることは?
丁寧かつ親しみのある対応を心がけること。受講生が毎日気持ちよく通えるよう、校舎の雰囲気を大切にしています。情報共有すること。資格のことや業界のこと、最新の情報を発信できるようにスタッフや講師とのやりとりを大事にしています。やるかやらないか迷ったら「やる」ということ。TACでの仕事は自分で考えて工夫ができ、上司や先輩にもすぐ相談できる環境なので、「受講生のためになるかどうか」を判断基準に行動するようにしています。
今後の目標は?
メインの担当講座である公認会計士講座の受講生を増やすことです!受講生の声をできるだけ反映させて最適な学習環境を提供して、TACからより多くの合格者を出したいですね。
前職とTACとの違いは何ですか?
商品が店頭に並び、見本ですぐに試せる化粧品販売と異なり、TACで扱う商品には形がありません。その分自分の提案やアドバイスが人生を左右すると言っても過言ではないと思います。日々接する相手は、資格取得の覚悟を決めて学習を開始しようとしているお客様、数ある資格スクールの中から弊社を選び人生を賭けて、辛い受験勉強に臨む受講生。一つ一つの業務は小さいことのように見えても、非常に責任ある仕事ですのでやりがいを感じています。

皆様からのエントリーをお待ちしております。