社員の横顔

大手不動産会社からの転職
前職との大きな違いは、
経営陣との距離が近いこと
役員の方と気さくに話せる機会が多くあります

TACプロフェッションバンク

後藤 義幸

2007年入社 法人事業部営業部→TACプロフェッションバンク(出向)  チーフコンサルタント
人材紹介事業にて多くの方と企業をマッチングさせる業務に携わっている。一方で仕事で良い結果を出し続けるには、常に学習を継続していかなければならない、という自身の信念の元、仕事の傍ら大学院に通いMBA(経営学修士)を修得した。

TACの魅力は何ですか?
向上心のある社員が多いこと。働きながら公認会計士や税理士など難関資格試験にチャレンジして合格する社員もいますし、みんな総じて勤勉だと思います。またそのような資格試験を学習する経験は、受講生の気持ちを体感することができますし、結果として良質なコンテンツの提供につながって、良い循環が生まれているのではないでしょうか。
TACに入社を決めた理由は?
もともと、人の人生に大きく関わることのできる「教育」の分野に興味があり、教育業界を中心に転職活動をしていました。特に、「プロフェッションの養成を通して社会に貢献する」というTACの企業理念と、経営者である斎藤の考え方に共感し入社を決めました。また株式を公開しており(東証一部)、経営の透明性も判断基準の一つでしたね。
今はどんな仕事をしていますか?
人材紹介事業です。具体的な業務は求人企業対応と求職者対応です。求人企業対応は、人材採用を検討している企業や税理士法人・監査法人などに対し、条件にあった候補者を紹介する採用支援業務です。面接日時の設定、条件面の交渉、入社日調整など、採用までのコンサルティング業務全般を行います。求職者対応は、転職希望者と直接お会いし、今までのご経験や転職についての希望を聞きながらカウンセリングを行います。希望に沿った求人企業をご紹介し、応募企業が決まれば、履歴書・職務経歴書の作成や添削、摸擬面接などアドバイスも行います。適切なアドバイスをするためには、職業知識やキャリア形成に関する知識が不可欠です。業界の最新動向は絶えず収集するように心がけていますね。
将来の夢は何ですか?
現在の担当業務であるキャリア支援や人事組織、HRM領域について、「会計業界の人材・就職動向なら後藤に聞け」と言われるような存在になることが目標です。現在、会計業界は深刻な人材不足に陥っています。特に公認会計士・税理士試験の受験者数減少は著しく、こうした状況はこの仕事をしていなければ、なかなか知る機会がありません。業界が抱える問題などを広く情報提供していき、多くの方が会計業界に来ていただくことで、業界全体の底上げにつながれば嬉しいです。
アフターの楽しみは?
TACには、「昭和57・58年会」という、昭和57・58年生まれが集う同期会があり、3ヶ月に1回のペースでお花見やビアガーデンなどのイベントを開催しています。あまり大きな声では言えませんが、盛り上がりすぎてしまい、カラオケで朝まで飲み明かしたこともありました(笑)

皆様からのエントリーをお待ちしております。