資格概要

  • 通関士/貿易実務検定®とは?

  • 試験情報

通関士は、「輸出入手続を行なうプロフェッショナル」です。通関とは、輸出入の許可を出す役所である「税関」に貨物を「通す」ことをいいます。貨物を輸入する場合、税関に輸入申告をし、検査を受け、関税を正しく計算し支払った上で輸入の許可を受けなければなりません。このような輸出入の手続に関する専門家が通関士であり、通関士試験に合格した人だけが、通関士となることができます(注)。

(注)通関士として通関業務に従事するためには、勤務先の通関業者の申請に基づく税関長の確認が必要です。

通関士が活躍するフィールド

「通関業者」「通関士」という言葉に馴染みがない方も多いと思います。しかし、私達が生活の中で利用している海外から輸入された様々な物(食料・衣服etc)はすべて「通関士」によって税関の輸入許可を受け国内に入ってきているのです。通関士として「通関業者」や「海運・航空・倉庫・物流」といった企業で業務を行うだけでなく、「商社」「メーカー」において海外との取引を行う際の知識など、通関士の知識は様々な場面で活かすことができます。

  • 通関業者

    通関業者は、例えば輸入の場合、輸入を行う企業などからの依頼により、税関に輸入申告→検査→関税を正しく計算して支払→輸入という一連の業務を行っています。多くの通関業者は税関のある港や空港の近くに事務所を設置してスムーズに貿易が行われるよう日々業務を行っています。

  • 海運・航空・倉庫・
    物流関連企業

    海運・航空・倉庫・物流関連企業 本文 海外から日本へ商品(貨物)を輸入する際、海運会社の船舶や航空会社の飛行機を利用して運ばれます。そして、通関(税関を通す)手続が終了した商品は、一時的に倉庫業者の倉庫で保管され、物流企業のトラックを利用し輸入元に届きます。これらの企業においては通関業務を行っていることが多いため、通関士が活躍しています。

  • 商社・メーカー

    商社では海外から多くの商品を輸出入しています。例えば食品を輸入する場合、手続には様々な法令が関係し手続に時間を要します。メーカーでは、自社製品の製造のために原材料を輸入したり、海外の自社工場で部品を生産し輸入する企業も多くあります。これらにおいて輸出入手続をスムーズかつ効率的に行うために通関士の知識は大いに役立ちます。

貿易実務検定®とは?

  • 貿易実務検定®の魅力・活躍の場

    「貿易実務検定®」で貿易実務のエキスパートを目指そう!

    資源の少ない日本は、海外との貿易で経済成長を遂げてきました。貿易を取り巻く環境もTPP・国際競争激化・セキュリティーの国際基準への適応など、大きな変換期を迎えています。そのような環境下で貿易業務を行っていくためには、「マーケティング」「交渉」「契約」「輸送」「通関」「金融」「法律」「保険」など、幅広い分野にわたる知識・スキルが必要で、貿易実務のエキスパートが求められています。

  • 貿易実務検定®試験の特徴

    スキルレベル段階毎の資格で、就職・転職・昇進に結びつきます!

    貿易実務検定®は貿易に関連する自分の実務能力・知識がどの程度のレベルにあるのかを客観的に測り証明することができる検定で、経験レベルの異なる受験生のスキルに応じ、A級・B級・C級と異なったレベルの試験があります。
    商社・メーカー等においては勤務年数ごとに貿易実務検定®の各級合格が必須となっている企業もあり、貿易に携わる企業への勤務・転職・就職等をお考えの方、インターネットによる個人輸入を行う方・国際舞台で活躍を目指す方など、「貿易実務検定®」は幅広く活用でき、活躍のチャンスが広がります。就職・転職・昇進に結びつく「貿易実務検定®」試験ですので、検定実績のある「貿易実務検定®」試験合格であれば、履歴書にも立派に記載することもできます。

通関士/貿易実務検定®試験概要

通関士試験概要

受験者数は毎年約7,000人、科目ごとに合格基準(例年満点の60%以上)を設けた絶対評価であることが大きな特徴です。難易度により合格率は上下しますが、基本を押さえれば初学者の方でも十分合格が可能です。

試験実施日

例年10月第1又は第2日曜日(平成29年度は10月1日(日))

受験資格

なし

願書配布

例年7月上旬~8月上旬

願書受付

書面での申請(平成29年度)

平成29年7月24日(月)から同年8月7日(月)まで(土曜日及び日曜日を除く。)
受付時間:午前 10 時から午後5時

※郵送の場合は8/7(月)の消印有効

NACCSでの申請(平成29年度)

受付期間・時間:平成29年7月24日(月)午前10時から同年8月7日(月)午後5時まで(土曜日及び日曜日を含む。)

※受験願書をNACCSを使用して提出する場合には、必ず前記の受付期間・時間内に受験手数料を電子納付してください。受験手数料の納付及び受験票の提出があるまでは受理が保留されますので注意してください。その他、NACCSの利用申込み手続及び使用方法等の詳細については、輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社(NACCSセンター)のホームページ(http://www.naccs.jp/)を参照してください。

受験手数料

書面での申請 3,000円/NACCSでの申請 2,900円

試験科目 / 試験時間 / 出題数

通関業法/午前(50分)/出題数・配点:選択式10問(35点)・択一式10問(10点)

関税法等/午前(100分)/出題数・配点:選択式15問(45点)・択一式15問(15点)

通関実務 /午後(90分)/出題数・配点:<通関書類の作成要領>2問(20点)・<その他通関手続の実務>選択式5問(10点)・計算式5問(5点)・択一式5問(10点)

出題形式

五肢択一マークシート方式

試験地

北海道・新潟県・宮城県・東京都・神奈川県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・広島県・福岡県・熊本県・沖縄県

合格発表

例年11月下旬~12月上旬(平成29年度は11月24日(金))

合格基準

通関業法および関税法等については満点の60%以上、通関書類の作成要領その他通関手続の実務については満点の55%以上(平成28年度) 。

官報公告

例年11月下旬~12月上旬

通関士試験に関するお問い合わせ

最寄の税関の通関業監督官(函館、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、門司、長崎、沖縄地区)

税関ホームページ:http://www.customs.go.jp/

貿易実務検定®試験概要

試験実施日

3月・5月・7月・10月・12月(5月・10月はC級のみ)

受験資格/レベル

受験資格なし

C級:概ね、1~3年以上のレベルです。定型業務をこなすために必要な知識があることを証明するレベルです。

B級:概ね、1~3年以上の実務経験レベルです。貿易実務経験者の中堅層を対象としています。

試験案内

試験日の約2ヶ月前

受験手数料

C級: 5,980円/B級: 7,150円

試験科目 / 試験時間

C級:〔貿易実務〕 13:45~15:15(90分)/150点 〔貿易実務英語〕15:30~16:15(45分)/50点

B級:〔貿易実務・マーケティング〕 9:45~11:30(105分)/150点・50点 〔貿易実務英語〕11:45~12:45(60分)/100点

試験地

札幌・東京・埼玉・千葉・横浜・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡・沖縄(実施月により異なります。)

合格基準

C級 :160点(80%)を基準として試験委員長の定める点

B級 :210点(70%)を基準として試験委員長の定める点

貿易実務検定®試験に関するお問い合わせ

日本貿易実務検定協会®事務局 ホームページ:http://boujitsu.com

※貿易実務検定®は株式会社マウンハーフジャパンの登録商標です。

通関士/貿易実務検定®への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

通関士/貿易実務検定®講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談