選択式試験難問対策
TACは、選択式試験の難問にも、文脈から判断して解答を導き出す解法を、インプット期に行う各種テストでお伝えしています!
↓
実力テスト 総合本科生Wide・総合本科生Wide+Plus・入門総合本科生・入門総合本科生Plus・総合本科生・総合本科生Plus・速修本科生・答練本科生
問1A (8) △△△法○条○項、最一小昭和○○○事件、(P.○)
B 
C 
D 
E 
空欄Aは、暗記しておきたい判例の文言ですが、○○の権利は、要件を満たすことで当然に生じていることを考えると選択肢の○、○、○が文脈上入らないことは推測可能と思われます。
矢印
POINT1 根拠条文およびテキスト該当ページを空欄ごとに掲載!

実力テストの選択式問題の解答においては、初学者の方が多いコースで実施するということもあり、復習の際、テキスト内のテスト出題箇所に迷うことなく戻り、効率良く丁寧に復習してもらうために、解答の根拠となる条文およびテキスト該当ページを空欄ごとに掲載しています。

矢印
POINT2 解法のコメントを掲載! ココがTAC

選択式対策としては、文脈からの解答の導き方(正解肢の絞り方、解く上での着眼点や問題文における注意点など)についてコメントを入れ、暗記に頼らずとも解くヒント、また、見たことがないような問題が出題された場合でも攻略するポイントがあることに触れています。

 

 

到達度テスト上級本科生・上級演習本科生・上級本科生Fast・答練本科生
解答
【根拠】法○条、法○条、則○条、昭和○○基発○号。
 A (5) △△△
 B
 C
 D
 E
空欄Aは、後ろにつながる○○をヒントに考えると、○○と関連がない選択肢○、○は排除できます。残りの選択肢○と○で判断することになるのですが、選択肢○は○○という意味であり、問題文の趣旨と合わないため、こちらも排除できます。
矢印
POINT 解法のコメントを掲載! ココがTAC

選択式対策としては、文脈からの解答の導き方(正解肢の絞り方、解く上での着眼点や問題文における注意点など)についてコメントを入れ、暗記に頼らずとも解くヒント、また、見たことがないような問題が出題された場合でも攻略するポイントがあることに触れています。

成績表Web返却
資料請求
講座説明会/受講相談
社会保険労務士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから