TACの答練・模試「個人別成績表」がスゴイ!
TACの『個人別成績表』がスゴイ!
TACでは本試験に対応したマークシート方式の各種テスト・答練・模試を実施。そして、提出された答案をもとに「個人別成績表」をWeb上でご提供します。
この「個人別成績表」は学習を進める上での有益なデータの宝庫です。各種テスト・答練・模試を受けた後に「個人別成績表」を確認することで、単なるレベル確認だけではなく、その後何をすべきかまで把握できますので、効率的に学習を進めることができます。
テスト・答練・模試を受ける 個人別成績表 自分の弱点がわかる 復習 実力アップ!

あなたの弱点や学習ポイントが一目でわかる!
TACでは本試験に対応したマークシート方式の答練で演習を行います。そして、提出された答案をもとに個人別成績表をお送りします。
単なるレベル確認だけではなく、その後何をすべきかまで把握できますので、効率的に学習を進めることができます。

毎年多くの受験生が受験する、全国模試の決定版です。その人気の秘密は、母集団や受験会場数などの“スケールの大きさ”はもちろんのこと、受験後の大幅な実力アップを可能にする『解説冊子』や『個人別成績表』などの充実した教材群の存在にあるといえます。
詳しくわかりやすいと毎年好評をいただいているTACの「解答解説冊子」では、図表を使った詳しい解説はもちろん、択一式の問題に「難易度」を表示することで、優先的に学習すべき問題がひと目でわかるほか、過去に本試験で出題された問題との関連性などを「ポイント」で明記しているので、復習時の学習効率が格段にアップします。
本試験に合格するためにまず必要とされるのは、多くの受験者が得点できるような問題を確実に得点することです。『個人別成績表』には、あなたの弱点を見つけ、克服するためのデータが詳しく表示されています。同時に提供される詳細な『講評(模試結果分析資料)』と共に活用すれば、本試験直前期の弱点克服に大いに役立つツールとなります。

個人別成績表はWeb上でスピート掲載!
母数が多いから、精度が高い!Web返却だから、早い!
TACの答練・模試は、圧倒的な受験者数!

社労士試験に合格するためには、「基本問題がしっかり解けるかどうか」が一つのポイントとなります。当然、合格される方は、基本問題をしっかりと得点してきます。では、本試験で得点すべき基本問題と、失点しても影響の少ない難易度の高い問題とを見分けるには、どのようにしたらよいのでしょうか。
その答えは、受講生の母数が多い学校で受講することです。TACでは答練で3,000名超、模擬試験で延べ14,000名超の方が受験します。また答練・模試の前のインプット期に実施する各種テストの時期から「個人別成績表」をWeb上で見ることができ、早期から全国ベースの成績データをいち早く確認することができます。母集団の多いTACを受講することで大きなメリットを得ることができるのです。 

※2016年度『勝利の全国模試シリーズ』延べ受験者数14,459名(「全国中間模試」7,198名+「全国公開模試」7,261名)。


何故、受講者数が多いと、メリットになるのでしょうか?
TACの答練・模試は、コンピュータ採点により、精度の高い分析資料をいち早くWeb上で返却します!

TACの成績表では、コンピュータ採点に基づき、正答率が高い問題でご自身が間違えてしまった問題にマークが入ります。このマークされた問題こそがご自身の弱点です。TACの答練や模試で正答率が高い問題は、本試験で出題された場合、より多くの受験生が正解する基本問題になり得ます。TACなら、そういったご自身の弱点や押さえるべき基本問題、絶対落としてはいけない問題を「個人別成績表」でいち早く把握し、いち早く対策をとることができます。

母集団の多いTACならではの精確な分析と迅速なデータ提供により、他のライバル達との順位や自分の弱点が一目瞭然。テスト・答練・模試を受けた後もしっかり対策をとり、的確で効率的な復習を行うことが可能となります。
社労士試験に合格するため、受験者数の多いTACで受講する優位性(メリット)がここにあります。

資料請求
講座説明会/受講相談
社会保険労務士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから