試験情報

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験概要

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験は、働く人たちの心の健康管理と活力ある職場づくりを目指して、職場内の役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得していただくものです。これらの知識の取得は、企業の人事労務管理スタッフおよび管理監督者(管理職)、一般社員において広く役立ち、また総務人事部門にお勤めの方は職場で大いに活かすことができます。また、学習上において労働安全衛生法などの法律についても触れますので、社労士試験学習者・合格者で更なるスキルアップを図りたい方にもお勧めの検定試験です。

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験概要

第24回試験(Ⅱ種)
※II種は3月・11月の年2回、Ⅰ種は11月のみ年1回

実施コース Ⅱ種(ラインケアコース)
施行日 2018年3月18日(日)10:00~ (制限時間2時間)
試験地 札幌、仙台、新潟、さいたま、千葉、東京、横浜、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡
(上記の中から受験地を選択していただきます。)
検定料 6,480円(税込)
受験申込期間 2018年1月10日(水)~2月9日(金)

※受験申込は、TACでのお申込みはできません。
必ず【受験申込期間】内に、メンタルヘルス・マネジメント®検定試験センターホームページからのお申込みか、受験要項に付いている払込取扱票(申込書)を使用するか、もしくはコンビニ情報端末設置店にてご自身で直接お申込みください。

持込品 ・受験票
・筆記用具(HBまたはBの黒鉛筆およびシャープペンシル、消しゴムのみ。)
・身分証明書
到達目標 部下が不調に陥らないよう普段から配慮するとともに、部下に不調が見受けられた場合には安全配慮義務に則った対応を行うことができる。
対象 管理監督者(管理職)
出題内容 (1)メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
(2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(3)職場環境等の評価および改善の方法
(4)個々の労働者への配慮
(5)労働者からの相談への対応(話の聴き方、情報提供および助言の方法等)
(6)社内外資源との連携
(7)心の健康問題をもつ復職者への支援の方法
問題構成・時間 選択問題:2時間
配点 100点
合格基準 70点以上の得点

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験関するお問い合わせ・受験申込

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験センター

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

受講相談

まずは「知る」ことから始めましょう! 受講相談を承っています。

お気軽にご参加ください!

受講相談

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験対策講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談