受験プラン「大学3年生編」
社会人からの“NEXT STAGE!”
 ●誇りを持って働くことができる一生の仕事
公務員の仕事は、社会の主役である個人や企業が活躍できる舞台を整え、社会のためのルールを作り、社会の活性化を支えることです。昨今、社会経済の急速なグローバル化や急激な景気変動に伴い、市民生活を取り巻く環境が日々変化しています。そんな社会の中で、公務員には、生活の格差問題、就職問題、教育問題、環境問題など、多くの課題が課されています。様々な社会問題の解決はたやすいことではありませんが、幸せな舞台を支える公務員の仕事には、何物にも代えがたいやりがいがあり、「誇りを持って働くことができる一生の仕事」といえます。

 ●公務員の仕事は多種多彩!
公務員の職場は、民間企業に例えると「省庁が異なれば業界が異なり、部局が異なれば会社が異なる」とよく言われます。特に地方公務員(上級/大卒)の場合は、幹部に必要な「様々な角度から自治体の状況を理解できる力」を養うため、2~3年程度で部局を異動し、幅広い分野の業務に携わることができます。また、公務員は行政事務職を中心に多様な職種がありますので、民間企業と比べても、実に幅広い選択肢のなかから、ご自身の就職先を選択することができると言えます。
公務員を知る!
公務員の職種と仕事
公務員がわかる!
無料ガイダンス実施中
公務員試験ガイド

 ●ポイント1:志望先に合わせた学校選びをしよう!
あなたの志望先は、どの公務員試験ですか?
本気で公務員試験に最終合格したいなら、ご自身の志望先に合わせた学校選びが大切です。1次試験に合格し、2次試験を突破してはじめて最終合格、そして採用・内定となるのが公務員試験です。さらに、近年どの公務員試験でも、主に個別面接などが実施される2次試験の重要度が増しています。志望先に確実に最終合格するためには、1次試験と2次試験の総合的な受験指導が受けられる学校、自分の志望先に最終合格するためのノウハウが蓄積されている学校を選ぶことが大切です。たくさんの努力が必要な試験だから、その努力をムダにしてほしくない。本気で大卒程度の公務員試験に最終合格したいなら、迷わずTACです。

大卒レベルの試験に強い!
TACの合格実績

 ●ポイント2:できるだけ早めに学習をスタートしよう!
公務員試験では、筆記試験として、教養試験・専門試験・論文試験といった試験種目があり、中学・高校時代の学習範囲から、大学の専門課程レベルの問題まで幅広く出題されています。公務員試験は、対策すべき科目数が多く、科目ごとの学習ボリュームが大きいなどという特徴から、独学での対策が難しい傾向にありますので、「今回の受験で絶対に合格したい!」とお考えの方は、ある程度の学習期間(半年~1年前後)を確保し、合格するために必要なツールが揃っているTACを利用して、学習をスタートすることをおすすめします。公務員試験は、決して難しい試験ではありませんが、民間企業の適性検査(SPI2など)と比べ、対策に時間がかかります。また、合格するために必要な学習ボリュームはいつ始めても同じです。
思い立ったが吉日。 TACでは全国の校舎で、教室講座を毎月開講中!できるだけ早めに公務員受験対策をスタートすることをおすすめします。

教室講座毎月開講!
体験入学実施中!

 ●ポイント3:併願受験で万が一のリスクを回避!
公務員試験は一部試験を除き、出題科目や出題傾向が似通っているため、TACの総合本科生などのオールイワンコースで学習すれば、幅広く複数の公務員試験を併願受験することができます。また、公務員試験は、1次試験の日程さえ重なっていなければ、併願受験をすることができ、実際にTAC合格者の多くは、3~4つ程度の公務員試験を併願受験し、見事に複数試験に最終合格されていらっしゃいます。もちろん第1志望合格を目指すことは大切ですが、万が一のリスクを考え、幅広く併願受験できるように学習を進めておくことをおすすめします。
TACでは、担任講師による初回講義オリエンテーションホームルーム(HR)を通じて、併願受験の方法や併願受験を意識した、効率的な学習方法をご案内しています。また、担任カウンセリングで個別の相談も随時行い、受験生ひとりひとりをしっかりとサポートします。

参考:民間企業との併願
公務員試験と民間企業を併願する場合、公務員試験の直前期の追い込み(年明け~4・5月)と民間企業の就活のピークが一緒にやってきます。ご自身の公務員試験の受験予定を考慮しながら、民間企業の志望先をある程度絞り込んで、それ以上は増やさないと決めておくなど、明確な優先順位をつけておくことをおすすめします。
【参考】平成29年度 1次試験日程
試験日程試験名
4/30(日)国家総合職
5/ 3(水) 参議院総合職
7(日) 特別区Ⅰ類
東京都Ⅰ類B
13(土)衆議院一般職(大卒)
14(日)裁判所一般職(大卒)
6/ 11(日)国税専門官
財務専門官
労働基準監督官
18(日)国家一般職(大卒)
25(日) 地方上級
(県・政令指定都市)
市役所A日程
7/ 2(日)国立大学法人等
23(日) 市役所B日程
9/17(日)市役所C日程
 ●必要な対策が全て含まれたオールインワンコース
公務員試験は民間企業の就職試験とは異なり、受験対策方法が受験対策予備校で確立されています。すなわち、公務員試験合格に必要なツールは、全てTACにあります。あとはそれらをフル活用して、コツコツと努力を積み重ねるのみです。これまで、多くの合格者を輩出してきた総合本科生などのオールインワンコースで、筆記試験、面接試験ともに必要な対策をしっかりとこなせば、どなたでも、十分に公務員試験合格を目指すことができます。TACの本科生コースで、在学中合格を目指してください。

オールインワンコース
本科生コース一覧


 ●頼れる人がそばにいる! 担任講師制度
TACでは、教室講座開講校舎ごとに「担任講師制度」を設けています。担任講師は、公務員受験のプロフェッショナルです。公務員受験の学習指導はもちろんですが、豊富な受験指導経験や知識をもとにしたホームルーム(HR)や担任カウンセリングによる受験指導を通じて、頑張る受験生を最後まで全力でサポートしていきます。さらに、1次(筆記)試験後の2次(面接)試験対策では、面接本番で想定される、よくある質問への受け答えや面接カードの添削などのアドバイスも担任講師が行っています。これまで、多くの受験生を合格へと導いてきた担任講師がいれば、公務員受験に不安はありません。
頼れる人がそばにいる
担任講師制度


 ●採用へのトビラをひらく! 面接対策
TACの面接対策は、圧倒的な情報量と、それらに基づいた丁寧な個別指導が最大の強みです。TACには、公務員試験を受験した全国のTAC受講生から生の情報を集めて作成された面接復元シートがあります。シートには、面接時の質問内容、実際にどのように回答したのか、面接の雰囲気、面接の時間、集団討論の情報など、他では決して手に入らない情報が克明にまとめられています。就職試験の面接がはじめての方でも、これらの情報を元にしながら、公務員試験の面接の傾向に合わせた対策を行えば、的を射た効率的かつ効果的な面接対策ができ、安心感をもって本番へ臨めること間違い無し! これらをフル活用し、面接対策講義と回数無制限の模擬面接を繰り返すことで、最終合格を勝ち取ってください。
採用へのトビラを開く
TACの面接対策


 ●受講校舎は自由に選べる!
「大学の講義がある日は大学の近くのTACで、大学の講義が無い日は自宅の近くのTACで受講」など、自由に受講校舎を選ぶことができます。さらに、進級時にキャンパスが変わっても大丈夫! 受講生の都合に合わせて登録校舎を選択・変更できるので、安心です。もちろん、面接情報などの公務員試験に関する情報は、全国のTAC校舎や講師が共有しています。TACならどの校舎に行っても志望先の試験情報が入手できますので、不安はありません。


 ●公務員試験合格に必要なものはすべてTACにある!
TACには、これまで多数の受験生を合格へ導いてきた講師陣、オールインワンコース、学習を継続するために不可欠な安心のフォロー制度、公務員試験対策のバイブル合格教材、公務員受験のプロフェッショナル担任講師、合格へのトビラをひらく面接対策など、公務員試験に合格するために必要なものはすべて揃っています。あとはあなたがそれらをフル活用してコツコツと努力を積み重ねるのみです。
ぜひ早めに学習をスタートし、TACをフル活用して、公務員試験合格を目指してください。TACは、頑張る受験生をしっかりとサポートし、合格へと導いていきます!
TACが選ばれる理由
3回連続無料体験入学
実施中!
TACではお申込み前に講義を無料で受講することができます。講義の内容や教材、学校の雰囲気を充分に確かめてじっくりとご検討ください。体験入学は3回連続OK!じっくりとTACのコンテンツを確かめてください。
資料請求
講座説明会/受講相談
公務員講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから