建築士

資格の学校TAC建築士資格情報受験資格診断

受験資格診断

一級・二級建築士試験の受験資格の有無を簡易的に診断します。
以下の質問に答え、受験資格をご確認ください。

※ご自身の受験資格の有無については、(財)建築技術教育普及センターにて必ずご確認ください。

受験資格診断スタート

※改正建築士法の施行(平成20年11月28日)により、受験資格は「従来(法施行前)の要件」と
「法施行後の要件」が並行して存在します。また、各要件は一級・二級建築士試験で異なります。

学歴要件
質問1

受験資格の「学歴要件」は満たしていますか?
(大学建築学科卒業 など)
●平成20年度以前の入学者
 → 学歴要件の詳細はこちら
●平成21年度以降の入学者
 → 学歴要件の詳細はこちら

実務経験要件
質問2

受験資格の「実務経験要件」は満たしていますか?
(建築物の設計・工事監理 など)
実務経験要件の詳細はこちら

Iタイプ
Iタイプ
一級または二級建築士試験の受験資格を満たしている方は、受験申込ができます。試験日程をご確認の上、受験申込手続をしてください。例年、申込期間(受付場所申込の場合)は、一級建築士試験が5月上旬頃、二級建築士試験が4月中旬頃になり、申込期間を過ぎるとその年の試験は受験できません。はじめて受験される場合、受験年の前年秋頃〜受験年の冬頃に学習をスタートする方が一般的です。

※ご自身の受験資格で不明な点については、(財)建築技術教育普及センターにて必ずご確認ください。

Iタイプ
IIタイプ
IIタイプ
一級または二級建築士試験の「実務経験要件」を満たしてからの受験申込となります(ただし、二級建築士試験は「学歴要件」によっては実務経験がなくとも受験することができます)。実務経験の期間は、最終卒業学校の卒業日(または二級建築士免許登録日、建築設備士試験合格日)から、受験年の学科試験前日までが算定されます。なお、平成20年11月28日に改正建築士法が施行され、法施行前後で「実務経験要件」が異なるのでご注意ください。法施行前と法施行後の実務経験期間は合算できます。

※ご自身の受験資格で不明な点については、(財)建築技術教育普及センターにて必ずご確認ください。

IIタイプ
IIタイプ

一級または二級建築士試験を受験するには、「学歴要件」と「実務経験要件」を満たすことが必要です。なお、二級建築士試験は、7年以上の実務経験期間があれば、「学歴要件」がなくとも受験することができます。また、一級建築士試験は、二級建築士を取得して4年以上の実務経験期間があれば、受験することができます(建築設備士を取得して4年以上の実務経験期間がある方も、同様に一級建築士試験が受験できます)。

※ご自身の受験資格で不明な点については、(財)建築技術教育普及センターにて必ずご確認ください。

IIタイプ

学歴要件

学歴要件は、改正建築士法の施行(平成20年11月28日)により、平成21年度入学者から、従来の「所定の課程を修めて卒業」から「国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業」に変更されました。
各学校等において修得した指定科目の単位数によって、必要となる実務経験年数が異なるので注意が必要です。
指定科目の確認完了をしている(学歴要件を満たす)学校については、(財)建築技術教育普及センターにて公表されています。

●平成21年度以降の入学者に適用される(新)学歴要件
学校種別、建築士試験別、指定科目に係る必要単位数と必要な実務の経験年数
(平成21年度以降の入学者に適用)  <(財)建築技術教育普及センター>
指定科目の確認結果 〜指定科目の確認完了をしている学校一覧〜
(平成21年度以降の入学者に適用)  <(財)建築技術教育普及センター>
大学生

ただし、法施行時すでに所定の学校を卒業している方、及び法施行時に所定の学校に在籍しており施行日後に卒業した方は、従来の学歴要件が適用されます。つまり、新しい学歴要件が適用されるのは、平成21年度以降に入学した方のみということになります。

●平成20年度以前の入学者に適用される(旧)学歴要件

一級建築士

条件区分 建築に関する学歴・資格 建築実務の経験年数
最終卒業学校・資格 課程
(一) 大学(旧制大学含む) 建築または土木 卒業後2年以上
(二) 3年制短期大学(夜間部を除く) 建築または土木 卒業後3年以上
(三) 2年制短期大学 建築または土木 卒業後4年以上
高等専門学校(旧制専門学校を含む) 建築または土木 卒業後4年以上
(四) 二級建築士 二級建築士として4年以上
(五) その他国土交通大臣が特に認める者
(平成20年国土交通省告知第745号ほか)
建築設備士 建築整備士として4年以上
  所定の年数以上

二級建築士

条件区分 建築に関する学歴・資格 建築実務の経験年数
最終卒業学校・資格 課程
(一) 大学(旧制大学含む)または高等専門学校
(旧制専門学校を含む)
建築 卒業後0年以上(卒業したて)
土木 卒業後1年以上
(二) 高等学校
(旧制中等学校を含む)
建築 卒業後3年以上
土木
(三) その他国土交通大臣が特に認める者
(「知事が定める建築士法第15条三号に該当する者の基準」に適合する者)
所定の年数以上

※ご自身の受験資格で不明な点については、(財)建築技術教育普及センターにて必ずご確認ください。

●受験資格を満たしている方は、学習をはじめましょう!

実務経験要件

実務経験要件は、改正建築士法の施行(平成20年11月28日)により、従来の「建築に関する実務」という幅広い要件から、「設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務」という限定した要件に変更されました。
ただし、新しい実務経験要件については、原則として、法施行後の実務経験について適用され、平成20年11月27日までの実務については、従来の実務要件が適用されます。また、法施行前後の実務経験期間は合算することができます。
実務経験要件の詳細は、以下の「新旧対照表」および「実務経験に該当する例」をご参照ください。

実務経験要件の新旧対照表・実務経験に該当する例 <(財)建築技術教育普及センターより編集・抜粋>
現場

実務経験期間の合算の例(一級建築士の場合)

大学卒業後、平成20年4月1日〜平成22年4月1日までの期間で、研究・教育機関などで建築に関する研究や教育に携わっていた方の場合、平成20年4月1日〜平成20年11月27日までの改正建築法の施行日前の期間についてのみ、「実務経験期間」に算入することができます。したがって、8ヶ月の実務経験期間があるということになりますので、もし実務経験期間が2年必要な場合であれば、残りあと1年4ヶ月あまり、設計業務などの実務経験をすれば一級建築士の受験資格を得られることになります。
実務経験期間

※ご自身の受験資格で不明な点については、(財)建築技術教育普及センターにて必ずご確認ください。

受験資格の条件が重複する場合について(一級建築士の場合)

例えば、以下の(1)(2)をいずれも満たしている場合、どちらか1つを証明するだけで受験申込ができます。
(1)「大学建築学科卒業」「5年以上の建築実務の経験あり」
(2)「大学卒業後二級建築士試験に合格し、免許登録」「二級建築士として建築実務の経験が4年以上」
●受験資格を満たしている方は、学習をはじめましょう!

資料請求
講座説明会/受講相談
建築士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
無料講座説明会&セミナーと受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから