建築士 活躍のフィールド
建築士 活躍のフィールド

設計事務所を開業して独立する方、ゼネコンやハウスメーカーの設計部門に勤務する方など、建築士の活躍フィールドは多岐に渡ります。

フィールド
建築士
独立開業

設計事務所を開業して、独立している建築士は数多くいらっしゃいます。設計事務所を開設するためには、次の手続きが必要になります。

(1)事務所を設ける (2)管理建築士を設置する (3)事務所登録を受ける 
建築士

独立開業している建築士を側面的に支援する各種の団体として、「建築士会」「建築士事務所協会」「日本建築家協会」などがあります。このような団体に所属することにより、建築士同士の情報交換や開業後の知識の補充などができます。

独立開業

また、業種的には意匠(デザイン)系の設計事務所のほか、構造や設備といった、より専門性の強い業務に特化している事務所も存在します。

ゼネコン・ハウスメーカー等への就職

大手・中小のゼネコンやハウスメーカーの設計部なども、建築士が活躍するフィールドです。比較的大規模な建築物の設計業務や、新しいパッケージ住宅の設計といった複雑な要素が含まれる仕事も少なくありません。
また、公共事業の入札に係る「経営事項審査」においては、建築士の有資格者の数がその企業の技術力の証明の1つとなっており、このような企業では社員に対する資格取得が強く奨励されています。

建築士
ゼネコン・ハウスメーカー等への就職
総合設計会社への就職

設計のプロフェッショナルとして、個々の建物の設計から、都市計画に基づく街づくりにかかわるものまで、多種多様な設計ニーズに応えているのが総合設計会社です。
このような会社では、まさに建築士の資格は仕事をするための必須条件ともいえます。また、設計のプロフェッショナルの中で働くことによって、自分自身の設計力に磨きをかけることができます。

総合設計会社への就職
ダブルライセンスで広がる活躍フィールド

たとえば、土地家屋調査士試験は午前の試験と午後の試験により行われていますが、一級または二級建築士の資格取得者は、午前の試験の免除を受けることができます。
また、一級建築士の取得は、社会保険労務士の受験資格としても認められています。
このように、受験資格のメリットを得られるというほか、宅地建物取引主任者や不動産鑑定士といった不動産関連資格を複数保有して、開業後の職域を拡大することが可能です。
さらに、「構造設計一級建築士」や「設備設計一級建築士」などの新資格を取得し、ステップアップすることも期待できます。

ダブルライセンス
資料請求
講座説明会/受講相談
建築士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
無料講座説明会&セミナーと受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから