一級建築士試験 合格者座談会
一級建築士試験 合格者座談会

井澤講師 皆さん、合格おめでとうございます。こうやってお目にかかれると、本当にうれしいですね。さて、いろいろとお話を伺いたいんですが、最初は一級建築士を目指そうと思った理由を教えてください。

鈴木 勤めている会社では必須なんです。一級をとらないと昇格できないというルールが明確にあるので、できるだけ早くとりたいと思っていました。

小栁 私の場合は必須というほどではありませんが、やはり一級の有無で将来つくことができるポジションが変わるのでとらなくてはという思いは強かったです。

井澤講師 若いうちに取っておくと楽ですもんね。

小栁 そうですねぇ。

伊藤 うらやましい()。私はインテリアデザインの事務所を経営していますが、耐震偽装事件以降、デザインだけでは厳しくなったため、まず独学で二級を取りました。ただ、建物の規模によって二級では扱えない案件があるため、一級取得を決意しました。

井澤講師 そうですよねぇ、やはり実務では建物の規模要件が問題になることがありますからね。ところで、受験を決意した時にTACを選んだのはなぜですか?

鈴木 最初は会社から紹介されたので、パンフレットやホームページを見て、その後説明会でテキスト等を見て非常に分かりやすく感じたため、決めました。

井澤講師 鈴木さんは上級コースですよね。

鈴木 はい、上級コースで井澤先生の話がとても分かりやすく、製図も井澤先生のクラスに入りたいと思ってすぐに申し込みました。

井澤講師 上級コースは今回から開講したので、上級コース一期生ですね()

鈴木 ええ、実は10年ほど前に他のスクールに通学し、学科は合格したんですが製図で失敗しました。その後、独学で何回か受験しましたが、いつも5点くらい足りなかったんです。今回は、100点を突破できたので良かったです。

井澤講師 まさに、「あと5点足らない方のために」という上級コースのコンセプトにぴったりだったんですね。小栁さんは?

小栁 仕事の関係で毎週欠かさず通学するのは難しいと思い、Webフォローや他校舎での受講など、休んだときのフォロー制度がしっかりしているTACにしました。また、駅の近くに学校があるので自習室も使いやすいと思ったことも決めた理由です。

井澤講師 自習室は実際に使用されましたか?

小栁 はい、時間があるときはできるだけ自習室に入るようにしていました。

伊藤 私は以前からTACの講師室ブログを見ていて、TACのホームページなどで講座の仕組みも分かっていたので、行くならTACと迷いなく決めました。 

井澤講師 ところで実際にTACで勉強した感想を聞かせてください。

鈴木 教室の雰囲気や学校全体の雰囲気がとても良かったです。大人の学校として落ち着いて学習できる環境でした。また、会計や法律関係の他の難関資格の受験生と触れ合う機会も多かったので、彼らの熱意が伝わりモチベーションの維持に役立ちました。

小栁 宿題が大量に出されたり授業時間が長時間延長されて拘束されることがないので、自分のペースで学習できました。また、繰り返しになりますが自習室を利用したり、Webでの質問システムを利用したりできたことも良かったです。 

井澤講師 なるほど。小栁さんは、1日何時間くらい勉強されてましたか?

小栁 平日は仕事の都合もありましたが、だいたい2時間くらいでしょうか。休日は自習室で6時間くらいやってました。

井澤講師 そうですよねぇ、1日2時間程度が合格のために必要ですよね。ただ、平均2時間は大変ですよね。

小栁 はい、もう試験は今年だけ、と強く思い続けたことが良かったと思っています。

伊藤 私は、毎回の製図の講義日の帰りに教室の仲間と居酒屋で2時間の反省会が良かったです()。そこで疑問点や悩んだポイントを議論して仲間と情報交換を厚くできましたからね。

井澤講師 そうですね()、伊藤さんのようにしっかり2時間を守った「反省会」だと、モチベーションの維持に効果がありますね。

伊藤 そう、そのあとで家に帰って質問メールしたりしてましたから()

井澤講師 伊藤さんは、終始クラスの雰囲気を明るく引っ張ってくれて、助かりました。では、そんな皆さんの合格の決め手を一言でいうとなんでしょうか? 

鈴木 学科では、苦手な構造を6月頃に集中してやったことです。その後は常時8割くらい得点できるようになりました。製図では、捨てる部分と必須の部分を明確に教えていただいたことです。

小栁 学科は、試験の直前まであきらめずに、全教科のテキストを幅広くこなしたことがよかったのだと思います。製図は、TACの8課題のみ何度も繰り返したことですね。

伊藤 作図の癖を修正していただきスピードが上がったことと、エスキスの具体的方法を教えていただいたことです。本番でもエスキスは非常に楽でした。 

井澤講師 エスキスは、課題に応じた定石がありますからね。

伊藤 その定石を信じたことが合格の決め手でしたね。他のものは一切やりませんでしたから。

井澤講師 分かりました。最後にこれからチャレンジを考えている方にアドバイスをお願いいたします。 

鈴木 合格を目指すなら、学校に行くべきだと思います。独学は大変です。

小栁 とにかく、1年に集中すること。来年もあると思わないことです。

伊藤 学校や講師との相性が大切です。私は、1回目の講義で先生から「このクラスの人は全員が戦友です」と言われたことを忘れず、学校に行くのを楽しみに学習していました。そうなればしめたもんです() 

井澤講師 さすが、伊藤さんですね()よくわかりました。みなさん、参考になる話を聞かせていただき、本日はありがとうございました。

一同 ありがとうございました。

■PROFILE
小栁さん

小栁 萌衣さん

勤務先・行政
渋谷校

鈴木さん

鈴木 孝さん

勤務先・大手ゼネコン
渋谷校

伊藤さん

伊藤 公一さん

インテリア・設計事務所開設
渋谷校

井澤

井澤講師

渋谷校