資格概要

  • 試験情報

  • 不動産鑑定士とは?

不動産鑑定士試験概要

【5月】 短答式試験 概要

試験実施日 例年 5月中旬の日曜日(1日間)
受験資格 なし
願書配布 例年 2月上旬~3月上旬
願書受付

書面申請: 例年 2月下旬~3月上旬
受験者の住所地を管轄する都道府県主管課

電子申請: 例年 2月中旬~3月上旬
国土交通省ホームページのオンライン申請システムページ

受験手数料 書面申請:13,000円(論文式試験も含む)
電子申請:12,800円(論文式試験も含む)
試験科目 / 試験時間 / 出題数 不動産に関する行政法規/ 午前(120分) / 出題数:40問 / 配点:100点
不動産の鑑定評価に関する理論 / 午後(120分) / 出題数:40問 / 配点:100点
出題形式 五肢択一式マークシート方式
試験地 北海道・宮城県・東京都・新潟県・愛知県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県
合格発表 例年 6月下旬
合格基準 総合点で概ね7割を基準に土地鑑定委員会が相当と認めた得点とします。
ただし、総合点のほかに各試験科目ごとに一定の得点を必要とするものとします。

短答式試験に合格した方は、その合格した年の論文式試験で不合格となった場合でも、合格した短答式試験の合格発表日から2年以内に行われる短答式試験が申請により免除になります。つまり、短答式試験に合格した年を含めて、連続3回まで論文式試験を受験することが出来ます。その免除を受ける方を「短答式試験免除者」といいます。

【7月下旬~8月上旬】 論文式試験 概要

試験実施日 例年 7月下旬~8月上旬 (日曜日を含む土・日・月の連続する3日間)
受験資格 短答式試験に合格した者及び短答式試験免除者
試験科目 / 試験時間 / 出題数

【第1日目】民法 / 午前(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点
経済 / 午後(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点

【第2日目】会計学 / 午前(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点
不動産の鑑定評価に関する理論(論文問題) / 午後(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点

【第3日目】不動産の鑑定評価に関する理論(論文問題) / 午前(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点
不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題) / 午後(120分) / 出題数:1問 / 配点:100点

出題形式 記述式
試験地 東京都・大阪府・福岡県
合格発表 例年 10月中旬
合格基準 総合点で概ね6割を基準に土地鑑定委員会が相当と認めた得点とします。
ただし、総合点のほかに各試験科目ごとに一定の得点を必要とするものとします。

試験に関する問合せ先

国土交通省 土地・建設産業局 地価調査課(不動産鑑定士係)

住所:〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3

電話:03-5253-8378  FAX:03-5253-1578 (受付時間:土曜日、日曜日及び祝日等の休日を除く 10:00~12:00 / 13:00~18:00)

TACなら初めてでも大丈夫!

TACでは、受講中だけでなく、受験を検討されている方が不安や疑問などを解消して学習を始められるような環境が整っています。みなさんに安心して学習していただけるように様々なサポート体制をご用意しています。


じっくりご覧になりたい方はこちら。パンフレットを無料でお送りいたします。

実務修習 概要

不動産鑑定士試験合格者は、不動産鑑定士の登録をするためにこの「実務修習」(研修)を修了する必要があります。実務修習は講義や演習に分かれて実施されます。期間も1年コースから3年コースまであり選択することが可能です。修了を認められ国土交通大臣の修了の確認を受けたものが不動産鑑定士として登録することができます。

開始月 例年 12月上旬
内容 不動産の鑑定評価に関する講義 <実施期間>
■前期: 例年12月
■後期: 例年6月
<内容>
不動産の鑑定評価に関する実務について、その各段階における基礎となる知識を集合形式で修得する課程です。前期3日間、後期3日間の計6日間で行われ、講義とあわせて机上演習と確認テストが行われます。
基本演習 <実施期間>
■第一段階
例年: 4月
■第二段階
例年: 8月
<内容>
鑑定評価報告書の作成において通常採用される手順を、修習生自ら作成することにより、修習する課程です。東京及び大阪において、1段階2日間で、計2段階4日間により演習を行います。
実地演習 <実施期間> ※1年コースを選択した場合
■物件調査実地演習: 例年 12月上旬~12月末日
■一般実地演習: 例年 12月上旬~翌年11月下旬
<内容>
不動産の鑑定評価に関する実務について、実地において鑑定評価報告書の作成を通じて評価方法を修得する課程です。指導者のいる不動産鑑定事務所または指定大学機関で修得します。
修了考査 実務修習の各課程を修得した者に対して行われます。
<時期>
■論文式(筆記) : 1月中旬~1月下旬
■口頭試問    : 1月中旬~2月上旬
<内容>
・小論文の考査は、鑑定評価の基本的事項について、800字~1000字で小論文を作成。
・口頭試問の考査は、実施演習において作成した鑑定評価報告書の内容について行う。

実務修習に関する問い合わせ・書類等送付先

公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会 実務修習担当課

住所: 〒105‐0001 東京都港区虎ノ門 3‐11‐15 SVAX TT ビル 9 階

電話: 03‐3434‐2301 FAX: 03‐3436‐6450 (受付時間:土日祝日を除く平日の午前 9 時から午後 5 時まで(正午から午後 1 時までの時間を除く)。

ホームページアドレス: http://www.fudousan-kanteishi.or.jp

不動産鑑定士試験は、2段階の選抜方式で行われます。1段階目となる短答式試験は、受験資格がなく、誰でも受験できます。これは、幅広い業界・世代の方に不動産鑑定業界に興味をもってもらい、活躍してほしいという考え方から取り入れられた制度です。また、短答式試験については、一度合格すると3回まで論文式試験にチャレンジが出来るようになっています。短期で合格するプランやじっくりと計画を立て合格するプランなど、戦略的に合格を目指せる試験制度です。

不動産鑑定士資格
ここが人気のポイント!

  • 不動産資格の最高峰!
    資格の希少価値が高い!

    不動産鑑定士は、全国でも約8,000人程度しかいない為、希少価値が高く、不動産業界系の資格の最高峰です。また、土地の価格や不動産売買の有無が直接影響しないため、好不況に左右されません。

  • 自分に合った様々な働き方を選択できる!

    社会的ニーズの多様化、複雑化により、不動産鑑定士の業務はますます拡大しつつあります。仕事の形態も様々で、経験に応じて独立開業や、企業内で不動産を取り扱う部署で活躍することもできます。

  • 社会人キャリアアップ・
    転職
    の切り札に!

    不動産鑑定士の取得は、すでに不動産業界で活躍されている方にとっては、さらなるキャリアアップに、また不動産業界への転職を考えている方にとっては大きなアピールポイントになります。

  • ダブルライセンスでさらなるブラッシュアップ!

    すでに公認会計士・税理士等の資格を取得している方が不動産の専門知識を手に入れることで、さらなる業務拡大への武器を手に入れることができます(公認会計士の方には、科目免除制度があります)。

不動産鑑定士の仕事は大きく2つ

不動産鑑定評価はもとより、それを基礎とし土地の有効利用なども考慮したコンサルティング業務や不動産を対象とした投資信託分野での関連業務など、不動産鑑定士の業務は多岐にわたります。また、不動産鑑定士はいまや日本というフィールドだけではなく、海外の不動産の鑑定評価を行うまでになっています。それに伴い業務の幅も広がり、グローバルに活躍している不動産鑑定士が増えています。

  • 不動産鑑定評価(独占業務)

    「不動産鑑定評価業務」は不動産鑑定士のみ行うことができる「独占業務」です。

  • コンサルティング業務

    鑑定評価の知識と経験を活かして、クライアントからの不動産に関する様々なニーズを的確に把握し、総合的・実証的に解決策を提案していく業務です。

不動産鑑定士の働き方

  • 企業内鑑定士

    不動産会社・鑑定事務所・金融機関・コンサルティング会社など様々な働き方が可能!

    不動産鑑定士は、理論的な根拠と実証的なデータを駆使して、不動産の適正な価格を導き出すプロフェッショナルです。その業務は鑑定評価にとどまらず、不動産関連の企画や開発、管理といった部門などでも、その知識を活かして活躍することができます。また、金融機関から融資を受けるための担保物件の鑑定評価、不動産の運用・有効活用に関する相談など、その高度な専門性を活かし、多方面にわたって活躍できるのが魅力です。

  • 独立開業

    依頼者のニーズは多種多様!担うフィールドは無限大!

    不動産の鑑定評価やコンサルティング業務を行うことで、クライアントの成長を手助けします。不動産の鑑定評価は全国各地で需要があるので、UターンやIターンをして開業できます。さらに多分野の有資格者とネットワークを構築することで、仕事を獲得する可能性も広がります。また、弁護士、公認会計士、税理士、といった他分野の専門業務や専門知識を持つ有資格者と共同で事務所を設立するケースもあります。

不動産鑑定士試験概要

【5月】 短答式試験 概要

試験実施日 例年 5月中旬の日曜日(1日間)
受験資格 なし
願書配布 例年 2月上旬~3月上旬
願書受付

書面申請: 例年 2月下旬~3月上旬
受験者の住所地を管轄する都道府県主管課

電子申請: 例年 2月中旬~3月上旬
国土交通省ホームページのオンライン申請システムページ

受験手数料 書面申請:13,000円(論文式試験も含む)
電子申請:12,800円(論文式試験も含む)
試験科目 / 試験時間 / 出題数 不動産に関する行政法規/ 午前(120分) / 出題数:40問 / 配点:100点
不動産の鑑定評価に関する理論 / 午後(120分) / 出題数:40問 / 配点:100点
出題形式 五肢択一式マークシート方式
試験地 北海道・宮城県・東京都・新潟県・愛知県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県
合格発表 例年 6月下旬
合格基準 総合点で概ね7割を基準に土地鑑定委員会が相当と認めた得点とします。
ただし、総合点のほかに各試験科目ごとに一定の得点を必要とするものとします。

短答式試験に合格した方は、その合格した年の論文式試験で不合格となった場合でも、合格した短答式試験の合格発表日から2年以内に行われる短答式試験が申請により免除になります。つまり、短答式試験に合格した年を含めて、連続3回まで論文式試験を受験することが出来ます。その免除を受ける方を「短答式試験免除者」といいます。

【7月下旬~8月上旬】 論文式試験 概要

試験実施日 例年 7月下旬~8月上旬 (日曜日を含む土・日・月の連続する3日間)
受験資格 短答式試験に合格した者及び短答式試験免除者
試験科目 / 試験時間 / 出題数

【第1日目】民法 / 午前(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点
経済 / 午後(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点

【第2日目】会計学 / 午前(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点
不動産の鑑定評価に関する理論(論文問題) / 午後(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点

【第3日目】不動産の鑑定評価に関する理論(論文問題) / 午前(120分) / 出題数:2問 / 配点:100点
不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題) / 午後(120分) / 出題数:1問 / 配点:100点

出題形式 記述式
試験地 東京都・大阪府・福岡県
合格発表 例年 10月中旬
合格基準 総合点で概ね6割を基準に土地鑑定委員会が相当と認めた得点とします。
ただし、総合点のほかに各試験科目ごとに一定の得点を必要とするものとします。

試験に関する問合せ先

国土交通省 土地・建設産業局 地価調査課(不動産鑑定士係)

住所:〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3

電話:03-5253-8378  FAX:03-5253-1578 (受付時間:土曜日、日曜日及び祝日等の休日を除く 10:00~12:00 / 13:00~18:00)

実務修習 概要

不動産鑑定士試験合格者は、不動産鑑定士の登録をするためにこの「実務修習」(研修)を修了する必要があります。実務修習は講義や演習に分かれて実施されます。期間も1年コースから3年コースまであり選択することが可能です。修了を認められ国土交通大臣の修了の確認を受けたものが不動産鑑定士として登録することができます。

開始月 例年 12月上旬
内容 不動産の鑑定評価に関する講義 <実施期間>
■前期: 例年12月
■後期: 例年6月
<内容>
不動産の鑑定評価に関する実務について、その各段階における基礎となる知識を集合形式で修得する課程です。前期3日間、後期3日間の計6日間で行われ、講義とあわせて机上演習と確認テストが行われます。
基本演習 <実施期間>
■第一段階
例年: 4月
■第二段階
例年: 8月
<内容>
鑑定評価報告書の作成において通常採用される手順を、修習生自ら作成することにより、修習する課程です。東京及び大阪において、1段階2日間で、計2段階4日間により演習を行います。
実地演習 <実施期間> ※1年コースを選択した場合
■物件調査実地演習: 例年 12月上旬~12月末日
■一般実地演習: 例年 12月上旬~翌年11月下旬
<内容>
不動産の鑑定評価に関する実務について、実地において鑑定評価報告書の作成を通じて評価方法を修得する課程です。指導者のいる不動産鑑定事務所または指定大学機関で修得します。
修了考査 実務修習の各課程を修得した者に対して行われます。
<時期>
■論文式(筆記) : 1月中旬~1月下旬
■口頭試問    : 1月中旬~2月上旬
<内容>
・小論文の考査は、鑑定評価の基本的事項について、800字~1000字で小論文を作成。
・口頭試問の考査は、実施演習において作成した鑑定評価報告書の内容について行う。

実務修習に関する問い合わせ・書類等送付先

公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会 実務修習担当課

住所: 〒105‐0001 東京都港区虎ノ門 3‐11‐15 SVAX TT ビル 9 階

電話: 03‐3434‐2301 FAX: 03‐3436‐6450 (受付時間:土日祝日を除く平日の午前 9 時から午後 5 時まで(正午から午後 1 時までの時間を除く)。

ホームページアドレス: http://www.fudousan-kanteishi.or.jp

TACなら初めてでも大丈夫!

TACでは、受講中だけでなく、受験を検討されている方が不安や疑問などを解消して学習を始められるような環境が整っています。みなさんに安心して学習していただけるように様々なサポート体制をご用意しています。

不動産鑑定士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

不動産鑑定士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談