実務補習レポート
実務講習レポート

中小企業診断士試験合格後に実施される「実務補習」について、実際に体験したTAC合格者の方々からレポートをいただきました。是非ご覧ください!

実務講習レポート
「実務補習」とは?

中小企業診断士として診断実務能力を有するか、実務を通して判断することを目的とし、第2次試験合格後、3年以内に実務補習を15日以上受けるか、実務に15日以上従事することにより、中小企業診断士としての登録申請を行うことができます。

(1)登録実務補習機関による実務補習
受講資格:中小企業診断士第2次試験合格者の中で、3年を経過していない方。
実務補習の標準的な流れ

実施約1週間前 指導員からメールにて、企業概要の提示や事前準備作業の指示
第1日目~第4日目 グループ別打ち合わせ、企業等の訪問・調査、資料分析、診断報告書の作成など
第5日目 企業等への報告会など〔修了証書発行〕

(2)受講手数料
5日間コース………50,000円(税込、テキスト有)
15日間コース……148,600円(税込、テキスト有)(2016年度)
(3)中小企業基盤整備機構、都道府県等中小企業支援センターにおける実務補習

★実務補習受講予定者向けセミナー「実務補習の世界」<TAC動画チャンネルにて配信中>

実務補習指導員でもあるTAC講師が、その実態と受講にあたっての心構えを伝授します。実務補習を受講される方はぜひご覧ください。

実務補習レポート
独立診断士としての厳しさ・楽しさ等を知る事ができました
奥田 豊さん
経営コンサルタントしての力を養っていくプログラム
武冨 健二さん
知識を現場でどのように活用するべきなのかを実感した
北田 健太さん
 
 
一般社団法人 中小企業診断協会
〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-11 銀松ビル
電話:03-3563-0851(代表)
ホームページ http://www.j-smeca.jp/
試験・実務補習に関する問い合わせ
※試験要項は、例年4月上旬~5月上旬に発表されます。
資料請求
ガイダンス/受講相談
診断士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
ガイダンスと受講相談をTAC各校にて実施しております。ガイダンスはネット動画配信もしております。詳しくはこちらから