初学者の方

TACは受験経験者の方へのサポートを強化しています!
TACは受験経験者の方へのサポートを強化しています!

中小企業診断士試験に合格するための
攻略のポイントをご紹介!

攻略ポイント

試験制度を知る

1次試験の合格基準は、総点数による合格基準のほか、科目ごとにも設けられ、3年以内(合格年度含む)で全科目(7科目)に合格した時点で「1次試験合格」となります。一部の科目だけ合格した場合は「科目合格」とし、翌年度・翌々年度の試験では、受験者の申請により当該科目の試験が免除されます。
2次試験は、1次試験合格年度と翌年度の2回の受験チャンスがあります。

攻略ポイント

1次試験全7科目を受験するメリット

1次試験は、「科目合格制」を利用して複数年で合格しようとすると、学習負担やリスクが大きくなります。TACでは、全7科目の「総点数」で合格基準を満たすことを目標に、学習計画を立てる方法をオススメします。なぜなら、総点数による合格基準では、受験科目の総点数が満点の60%以上であればよく、たとえ苦手科目や急激に難易度が上がった科目があっても、40%以上を確保していれば、他の科目でフォローすることが可能だからです。

2017101902.jpg

攻略ポイント

1次試験と2次試験の深い関連性を意識し学習する

1次試験と2次試験の学習内容には密接な関連があります。1次試験の受験期間が長くなれば、先に合格(学習)した科目の知識は薄れてしまい、結果、2次試験受験に必要という理由で、同じ科目の学習に時間を費やすことになります。時間やコストの面から考えても、1次試験の知識が高い精度で定着しているうちに、2次試験の受験を目指すべきです。また、1次試験対策中も常に2次試験を意識した学習を行うと効率的です。

攻略ポイント

合格に必要な学習量や学習方法は科目ごとに異なる

科目ごとに学習量や学習方法も異なりますので、まずは科目ごとの特徴を捉えて戦略的に学習する方法を身につけましょう。学習の順序としては、経営診断の基本となる「企業経営理論」や、1次試験・2次試験ともに重要とされ、理解にも時間がかかる「財務・会計」からスタートし、他の科目へと進めていく方法が効果的です。さらに、はじめに企業経営の視点から試験の全体像を把握しておくと、学習の理解度が早まります。

2017100901.jpg

TACで合格できる理由

POINT1

早期に1・2次試験に
必要な知識をしっかり習得!

2018年4月までに基本編の「基本講義・1次養成答練」を終了し、「覚えなおす」「定着させる」期間を十分に確保しています。また、1次試験対策と並行して早期から2次試験対策に取り組みますので、他の受験生に差別化を図ることができます。

2017101701.jpg

「基本講義」「1次養成答練」とは?

基本講義

TACオリジナル教材を使用し、分かりやすくポイントを解説しながら、合格に必要な知識を身につけます。1次試験対策だけではなく、2次試験対策においても重要な領域については、さらに深く掘り下げた講義を行います。

1次養成答練

1次試験対策の答案練習です。基本的な問題ですので、確実に解答できるまで、繰り返し学習することが重要となります

2

豊富な演習量による弱点克服と最新情報によるポイント整理!
“鉄壁”の1次対策

2018年5月からの「1次完成答練」で2回転目の学習を行い、問題対応力が飛躍的にアップします。また、7月からの「1次最終講義」で3回転目の学習を終え、万全の状態で本試験に臨めます。

「1次完成答練」「1次最終講義」とは?

1次完成答練

TAC厳選の本試験予想問題を出題します。これまでの学習の成果を確認し、本試験までの学習計画を見直しましょう。また、ここで間違えてしまった問題は、確実にマスターすることが重要です。

1次最終講義

1次試験対策の最後の総まとめです。法改正などのトピックも交えた最新情報をお伝えします。

3

質の高い演習問題と丁寧な添削指導で 実戦力アップ!
“充実”の2次対策

1次試験後の2次直前編のカリキュラムも内容・回数とも充実しており、質の高い演習問題と丁寧な添削指導で2次攻略スキルを体得し、実力を合格レベルまで高めます。

2017101702.jpg

4

比べてください! このスケール!
全国最大級の公開模試!

TACの公開模試は全国最大級。出題レベル・規模・フォローなど全てにおいて自信を持ってお勧めできます。TAC公開模試受験者は、1次は3,694名、2次は2,352名(ともに2016年度)と、実に多くの方々に支持されています。

選ばれるのには理由がある
合格へ導く力が違います!

TACは毎年多くの合格者を輩出している実績があります (2014年度 中小企業診断士第2次試験 TAC本科生合格者数314名)。 「3回転方式」を始めとした『戦略的カリキュラム』、通学生・通信生を全国の受講生を合格へ導く選び抜かれた『講師陣』、全国規模だからできる多岐にわたる『サポート体制』、必要十分な『オリジナル教材』など。 合格するための「攻め方」がTACのカリキュラムには詰まっています!

思い立ったら学習開始!
初めて受験する方向けの旬なコースをご紹介!

2018年合格目標

アプローチ講義+
1・2次ストレート本科生【PLUS】

2017年9月~(各コースによる)

アプローチ講義から始まる安心フルサポート!完全装備の初学者向けコースの決定版!

学習を始めるにあたって、合格に必要な「知識」と「スキル」とは何かをあらかじめ「アプローチ講義」で把握したのち、2次試験対策とフォロー制度が充実した「1・2次ストレート本科生PLUS」で、着実に1・2次ストレート合格を目指します。

1・2次ストレート本科生

2017年9〜11月開講

基礎からがっちり学習。1・2次ストレート合格を目指すスタンダードコースです!

1年かけてしっかりと学習していくスタンダードなコースです。基本講義から始まり、答練・演習・公開模試・最終講義が組み込まれていますので、2次試験合格までしっかりと学べます。教育訓練給付制度*(一般)を利用したい方もこちらのコースをご検討ください。(*9月開講は対象外です)

中小企業診断士の魅力は?

  • 経営資源を横断的に見る力
    身につく!


    診断士試験の学習をすることで、企業の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)に関わる知識が横断的に身に付きます。キャリアアップを目指す、就職・転職する、独立開業する等、いずれの場合においても、経営資源について横断的視野で思考できる能力は、非常に大きな強みになります。

  • ロジカルシンキングで問題解決力や説得力を強化できる!


    診断士試験の学習では、物事の本質をつかむために、論理的に考えて思考を整理し、その結論を相手に分かりやすく伝えるためのスキル「ロジカルシンキング」を多用します。ロジカルシンキングのスキルを身に付けることで、ビジネス社会や人間関係においてもリットを享受できます。

  • 幅広いネットワーク
    形成できる!


    診断士試験の受験生は多様な背景を持ち、学習の過程や合格後の活動によって人脈が大きく広がっていきます。幅広いネットワークを活かして、各分野の専門家や行政機関と企業を結びつける役割や、企業内において各部署・事業の間をつなぐ人材として活躍することが可能となります。

学習プランや他のコースを確認

上記のコース以外にも、多彩なコースをご用意。目的に合わせてご選択ください。

春得

中小企業診断士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

中小企業診断士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談