合格実績・合格体験記

TACは『合格のプロ集団』です。
平成29年度の弁理士試験でも多くの合格者を輩出しています

毎年多くの合格者を輩出し続けるTAC。
その合格力の高さの秘密は、「短答⇔論文ハイブリッド学習システム」、「解法マスター講義」、「ズバリ的中するアウトプット」、「充実のサポート制度」という4つのアイテムに自慢の講師力が結集して生み出されるものとなります。これはTACが長い年月をかけて妥協することなく改良に改良を重ねてきた結果です。学習効率と合格実績を両立させたTACで是非合格を勝ち取ってください。

合格者インタビュー

2017年度弁理士試験 一発合格者インタビュー

一発合格を果たした合格者が語る、「弁理士を目指したきっかけ」、「合格の秘訣」、「これから弁理士を目指す方へのアドバイス」

一発合格者に訊く!弁理士試験最短合格の秘訣!

国家資格の中でも最難関の一つに挙げられる弁理士試験をたった1年の学習で突破した洲崎さんの学習法に迫ります。

合格おめでとうございます。
弁理士試験 合格体験記

2017年合格

 
  • face_w_tokumei.jpg

    短期合格の勉強方法

    Y・Mさん

    一発合格

    基本講義の次に始まる「短答⇔論文ハイブリッド学習」は、短答試験の対策をしながら論文試験の対策をすることができて良かったです。勉強を始めて間もない頃は何を勉強すれば良いのかわからないことが大きな不安でした。ハイブリッド学習では早い段階で弁理士試験の全体像を把握することができたので、安心して勉強を進めることができました。

  • モチベーションを維持することが大事

    上村 智広さん

    学習の初めは、基本講義で知的財産制度の概要を掴むことができました。酒井先生の説明は初学者向けにかみ砕いたものであり、とても分かりやすかったです。基本テキストであるELEMENTSには、青本等の記載が適度に散りばめられており、初学者に優しい構成となっていました。


  • 日々の積み重ね

    中村 亮太さん

    TACでは、受験生一人一人に寄り添って教えていただける講師の方が多いなと感じました。具体的には、フォロー制度の個別カウンセリングで北口先生が勉強の方針について丁寧にアドバイスをして頂けました。現在の自分の進捗具合などを見て今後の目標を決めてもらっていました。それを達成できるように勉強をしていた結果得ることができた合格だったので信じてついていってよかったと思います。感謝しております。

  • 樫村 亮吾さん

    大学在学中合格への挑戦

    樫村 亮吾さん

    私は、まず2年本科生(個別DVD講座)と、選択科目対策として著作権法の講座(個別DVD講座)を受講しました。2年本科生を選んだのは、大学の勉強との両立を図りつつ、まずは1次の短答試験を突破することが最優先だと思ったから、また、2次の論文試験の選択科目対策をする必要があったからです。個別DVD講座を選んだのは、大学やアルバイトとの関係で、時間の融通が利きやすく自分のペースで勉強できると思ったからです。

  • 山口 文秀さん

    13年間の奮闘を終えて

    山口 文秀さん

    13年前の秋の日、食品会社に入社以来、研究開発職だった私が、特許担当を兼務してくれ、と上司に命令されたのが、知財に接するようになったきっかけでした。その後、知財業務を行っていく中で、知財の知識、スキルを早急に習得する必要性を感じ、どうせ勉強するのであれば一番真剣に勉強している方達と一緒に勉強しようと考え、弁理士試験用の講座を受講し、その流れで弁理士試験を受験するようになりました。

  • 気持ちを強く持つこと!

    中尾 真二さん

    前職の企業在籍時、地方に居住していたため、TACでは、当初1年本科生コースをDVD講座で受講していました。しかし、時間の取れないことと自分自身の甘えもあり、DVDの視聴を先延ばしにしていき、勉強が中々進みませんでした。2年間くらいはあまり勉強が捗らない状態が続きました。

  • 塚本 真伍さん

    元ベテラン受験生の述懐

    塚本 真伍さん

    私は、元々研究職として企業に就職し、知財部に異動になりました。知財部の仕事は、法律や文章の運用能力が求められる点で、私には研究職よりも合っているように感じました。
     そこで、弁理士資格を取得すれば、知財の専門家として認められるとともに、社外の人脈等で見聞が広められ、より良い仕事ができるだろうと思われました。
     そのため、2011年から、この弁理士試験に挑戦することを決めました。

  • 板野 薫さん

    モチベーション維持の重要性

    板野 薫さん

    "私は、特許出願実務に10年以上従事していました。  特許実務において最低限必要とされるメソッド自体は、長い経験によって形としては身についた実感はあったものの、お客様の様々なニーズにより細やかに、又は潜在的なニーズにも応えたいと思うようになりました。
    そう思ったとき、今のままでは限界があると感じ、知財法という制度全体を、体系的に学びたいと思いました。そして、その目標設定として、弁理士試験合格という目標を選びました。

2016年合格

 
  • 短期合格のために!

    洲崎 竜弥さん

    一発合格

    短答と論文の勉強は切り離せるものではないこと、働きながら1年短期合格を果たす人も少なからず存在すること、自身の性格上高いモチベーションを維持できるのは1年であること、金銭的な負担が少ないこと等を理由として、1年本科生コースを受講し、短期合格を目指しました。


  • 楽しみながら、効率よく勉強して短期合格!

    I・Mさん

    一発合格

    TAC講座・テキストと、条文・過去問(短答・論文)があれば、論文までの合格に必要な内容はほぼカバーされていると思います。 ですので、カリキュラムに従って、先生のアドバイスを受けながら、それなりに時間を取って勉強をすれば、1年でなんとか合格できるレベルに到達すると思います。

  • face_w_tokumei.jpg

    短期合格を心の中で目標に定めて!

    G・Iさん

    一発合格

    私の場合、通勤時に車の中で視聴する、ということができましたので、DVD通信講座を選択したことは、正解だったと思っています。基本講義は、1次試験までに、車での通勤時間や出張の際の移動時間を利用して、3回視聴しました。

  • 弁理士試験に合格するまで!

    横井 啓時さん

    私は、過去に弁理士試験合格のため、予備校に通わず自分で勉強していましたが、なかなか合格できずにいました。その後、仕事が忙しくなったため勉強を一時中断し、仕事が落ち着くのと同時に勉強を再開しました。2012年に再開する際、自分での勉強には限界を感じましたので、TACに通うことを決めました。


  • 勉強のやり方を間違えなければ、合格できる!

    田中 幸乃助さん

    短答の知識がとても重要であることについてもゼミ中によく説明されました。その甲斐あって、短答本試験では余裕をもって通過することができました。また、論文本試験においても設問に瞬時に反応することができ、項目落ちを防ぐことができました。先生と生徒との距離がとても近く、毎回ゼミに行くのが楽しみでした。

  • face_w_tokumei.jpg

    徹底した敗因分析と繰り返しが大切!

    榊間 城作さん

    答練の添削結果は、毎回手を抜くことなく答案用紙びっしりと赤字でコメントが記載されており、非常に参考になりました。TACの添削は他校よりも早く、次の週の木曜日には添削された答案をネット上で見ることができるので、毎週添削答案を見るのが楽しみでした。

  • 受験勉強を通じて!

    白石 卓也さん

    私は、平日の隙間時間に勉強仲間と問答をしていました。例えば、職場のお昼休みに所定の場所に集まって、友達と雑談しながらお昼を食べた後に、口述バイブルをベースにお互いに問題を出し合いました。平日のお昼休みは時間が短いですが、毎日習慣化することによって、その短い時間で得た知識を蓄積していくことができました。


  • PDCAサイクルを回し、適宜修正!

    粟飯原 伸康さん

    教室講座では日時があらかじめ決まっていますが、個別DVD講座では自由に時間を選択することができる点がメリットでした。家事や育児の時間を最大限作り家族の都合に合わせながら勉強を組み立てることができました。子育てと学習を両立できたことが最終合格までたどり着けた要因だと思います。


  • 基礎だけで合格した試験!

    中垣 雄一朗さん

    基礎を重点的に固めることを意識しつつ勉強を進めた結果、論文:合格、口述:合格(短答:免除)、という結果となり、最終合格することが出来ました。
     今年の論文試験では、基礎的な深い理解を問う問題が出題されたと思います。このため、「基礎をしっかり固める」という方針で勉強していたため、合格することが出来たと思います。

  • 自分を信じてあきらめず!

    中村 宏さん

    私の場合は、モチベーション維持に最も効果的だったのは、通学での受講です。やはり、周りに多くの受験生がいる環境の中での受講は、大いに刺激になりました。
    また、答練、模試での成績優秀者の氏名の掲載も、自分の中でのモチベーション向上に極めて大きな役割を果たしていたと思います。


  • 限られた力を最大限発揮すること!

    X・Yさん

    カリキュラム通りに受講すれば、試験に必要な知識を一通り学べる点がよかったです。個別DVD講座で小松先生の講義を聞いていましたが、合格するために必要な勉強以外のこと(健康や食事など)についてもアドバイスいただけたのが非常にありがたかったです。

弁理士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

弁理士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談